ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー③【使い勝手を検証】|新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ
新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー③【使い勝手を検証】

 

吹き出し

ロボット掃除機は数多くのメーカーがあるけど、その中でKyvolの性能はどうかしら?

 

吹き出し

実際に使っている人の感想を聞きたいな…

 

 

ロボット掃除機は世界各国のメーカーが市場に参入し、競争が激しい世界になっています。

 

それであるがゆえに、現在は「高性能・低価格・おしゃれ」と、3拍子揃ったロボット掃除機を数多く見かけるように。

 

2021年3月最新:1万円台のロボット掃除機で時短生活:共働き夫婦おすすめのロボット掃除機5選!
2021年3月最新:1万円台のロボット掃除機で時短生活:共働き夫婦おすすめのロボット掃除機5選!
今の「ロボット掃除機」は、低価格でも十分な性能を持っています。この記事では、1万円台のおすすめのロボット掃除機を5つご紹介。自由な時間が増えれば、趣味や家族との.....

 

吹き出し

特に、中国テックメーカーの勢いがすごく、ロボット掃除機市場をけん引しています。

 

 

例えば、Amazonでよく見かける、Anker、iLife、ONSON…これらのメーカーは、全て中国企業です。

 

そして、このような中でも、頭一つ飛びぬけた性能を持ち、最近人気が出ているメーカーのロボット掃除機があります。

 

 Kyvol Cybovac

 

おすすめロボット掃除機Kyvolで時短生活【メーカーの全機種を比較】
おすすめロボット掃除機Kyvolで時短生活【メーカーの全機種を比較】
Kyvolのロボット掃除機は、「おしゃれ・低価格・高性能」と、3拍子揃っています。この記事では、Kyvolの全機種を比較し、かつ、他のロボット掃除機との違いをま.....

 

正直に言うと、低価格帯のロボット掃除機の中で、このメーカーのものは、圧倒的におすすめ

 

というわけで、私たちもエントリーモデルであるKyvol e20を買いました。

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー②【7つの特徴を写真・動画で確認】

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー③【使い勝手を検証】

 

この記事では、レビュー第3弾として、Kyovol e20の使い勝手についてレビューします。

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー②【7つの仕様を写真・動画で確認】
ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー②【7つの仕様を写真・動画で確認】
Kyvolシリーズは、圧倒的におすすめの低価格帯ロボット掃除機。そこで、Kyvol e20を実際に購入し、何回かに分けてレビューします。今回は第2弾で、「7つの.....

 

吹き出し
吹き出し

具体的には、次のとおりです。

 

 

Kyvol e20の使い勝手

 

  • 掃除能力
  • 静音性
  • 操作性
  • ゴミの捨てやすさ

 

 

なお、「百聞は一見にしかず」ということで…

 

吹き出し
吹き出し

実際の写真・動画を数多く使ってレビューしています。

 

 

購入検討の際に、ご活用下さい。

 

<目次に戻る>

 

 

Kyvol e20の使い勝手① 掃除能力

 

一番気になるであろう、掃除能力ですが…

 

 ルンバと比べても遜色ない程、きちんと掃除をしてくれます

 

 

Kyvol e20の吸引力は2500Pa

 

まず、この掃除ロボットの掃除能力ですが、最大吸引力は、2500Pa

 

吹き出し

低価格帯ロボットでいうと、Ankerが出しているEufy Rovobac 11C/15Cが1300Paです。

 

吹き出し

つまり、ゴミを吸い取る力は強いです。

 

 

実際使っていても、ゴミはちゃんと吸い取っているとわかりますし、床もほこりがなくなり、快適

 

<目次に戻る>

 

 

Kyvol e20のNAVI機能は弱め

 

ただしKyvol e20自体、マッピング機能がなく、NAVI機能自体は強くはありません

 

そのため、走行は結構ランダムな感じがします。

 

吹き出し
吹き出し

次の動画を見て分かるとおり、規則性を持たずに掃除をしているように感じています。

 

 

 

とは言っても、Kyvol e20の場合、バッテリーの持ちが良いです。

 

最大150分持続しますし、20畳程度のスペースであれば、バッテリー切れを起こすことはないです。

 

なので、規則性がなくても、スペースを余すことなく掃除してくれます。

 

ちなみに、この辺りが気になるようであれば、Kyvol e30などの上位機種が良いと思います。

 

<目次に戻る>

 

 

Kyvol e20は隅々までゴミを吸い取ってくれる

 

Kyvol e20では壁に沿ってゴミを吸い取る機能(エッジモード)もあります。

 

なので、ちゃんと隅々までゴミを吸い取ってくれ、非常に良いです。

 

吹き出し
吹き出し

例えば、このように壁に沿って動きます。

 

 

 

サイドブラシがゴミを掻きだし、それを掃除機が吸い取ってくれます。

 

と、このように掃除能力としては、1万円台のロボット掃除機とすると、申し分ないと思います

 

ただし、一つ注意点があるのが…

 

  • 「サイドブラシ」が掃除中に取れることがあります。。

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー①【開梱からセットアップまで】

 

タイヤの下側にある、両サイドの部分がサイドブラシの装着箇所。もう少し近づくと、このような形です。

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー①【開梱からセットアップまで】

 

この両サイドに、付属されていたサイドブラシをそのまま装着させれば終了。5秒で終わります。

 

つまり、装着が簡単であるがゆえに、外れることがあるのです。。。

 

吹き出し
吹き出し

とは言っても、そこまで頻度が多いわけではありませんので、安心してくださいね♪

 

 

<目次に戻る>

 

 

Kyvol e20の使い勝手② 静音性

 

静音性ですが、私たちの意見としては…

 

 音はそんなに気にならない

 

Kyvol e20の場合、最小の音のレベルが、55dB

 

そして、このロボット掃除機の場合、吸引力のレベルとしては、3段階あります。

 

Kyvol e20の吸引Level

 

  • Level1: 600Pa
  • Level2: 1000Pa
  • Level3: 2500Pa

 

つまり、Level1の場合が55dBで、Level2と3については、それ以上ということに。

 

とはいうものの、実際はそこまで大きな違いはないです…

 

吹き出し
吹き出し

実際に、どの程度の音がするのか、次の動画をご確認下さい。

 

 

 

Level3については他に比べて若干うるさいな、と思うかもしれませんが、1と2はあまり差がありません

 

この音のレベルですと…

 

  • ロボット掃除機をかけていると、テレビの音は聞こえずらくなる
  • 寝ている時には、同じ階ではかけない方が良い
  • 階が違うのであれば、寝ている時でもかけて問題なし

 

ちなみに、我が家で使っているルンバs9+は、このKyvol e20よりも同レベル、もしくはもう少しうるさい印象。

 

吹き出し
吹き出し

ですので、恐らく他の静音性に関して言うと、どのロボット掃除機もそんな変わらないんだと思います。

 

ちなみに、普通の掃除機をかけるのに比べると、音は静かですよ。

 

<目次に戻る>

 

 

Kyvol e20の使い勝手③ 操作性

 

操作性ですが、シンプルで使いやすいです。

 

Kyvol e20の場合、次の3つの方法で操作が可能。

 

  • リモコン
  • スマートフォン
  • アレクサ・グーグルアシスタント

 

 

我が家ではアレクサを使って操作

 

吹き出し
吹き出し

我が家では現在、アレクサでロボット掃除機の電源ON・OFFをしています。

 

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー③【使い勝手を検証】

 

 

「アレクサ、キーボルの電源を入れて!」

 

というと、Kyvol e20をアレクサが認識し、「キーボルですか?」と返答がかえって来ます。

 

それに対して、「はい」と答えると、Kyvol e20の電源が入り、掃除を開始します。

 

<目次に戻る>

 

 

スマートフォンの操作方法はシンプル

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー③【使い勝手を検証】

 

このように、操作ボタンの数も少なく、とってもシンプルです。

 

真ん中の「清掃」を押せば、電源が入り掃除を開始してくれます。

 

そして、掃除を終了したい場合は「充電」を押すと、充電スタンドに勝手に戻ってくれます。

 

<目次に戻る>

 

 

リモコンは私たちは使っていません

 

私たちの場合、リモコンは基本的に使いません。

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー③【使い勝手を検証】

 

ロボット掃除機Kyvol e20をレビュー③【使い勝手を検証】

 

このように、とってもリモコン自体はシンプルで、使い勝手は良いです。

 

とは言うものの、リモコンのデメリットとしては…

 

 近くにロボット掃除機がないと使えない

 

私たちの家の場合、Kyvol e20を使っているのは3階

 

一方で、普段過ごす生活空間は、2階

 

吹き出し
吹き出し

2階からリモコンでKyvol e20をつけようと思っても、無理なんですね。

 

 

なので、結局使うのは、スマートフォンか、アレクサ。

 

そして今はアレクサをメインで使っている形です。

 

<目次に戻る>

 

 

Kyvol e20の使い勝手④ ゴミ捨て

 

Kyvol e20のゴミ捨ては、とっても簡単。

 

吹き出し

取り外しがしやすく、すぐにゴミを捨てることが可能です。

 

吹き出し

また、ゴミ収集の容量が大きいので、毎回ゴミ捨てをしてなくも問題なし♪

 

 

「取り外し」「ゴミ捨て」「取り付け」の3つのステップを簡単に見てみます。

 

 

吹き出し

ゴミ箱とか普段のままで撮ったので、汚いですね…すいません…

 

 

ただ、このように、片手でも対応可能ですし、全てはがスムーズに対応可能です。

 

使い勝手については以上になるのですが、このような点から見てみると…

 

 この価格帯としては、上出来としか言いようがない

 

私たちの場合、当初は「ロボット掃除機=ルンバ」という認識でした。

 

ですので、まず最初に買ったのは、ルンバだったのですが…

 

吹き出し
吹き出し

こうした低価格帯のロボット掃除機を実際使ってみると、「これで十分!」と思うよう肌をもって感じました。

 

 

「高い=機能が優れている」という訳でもないです。

 

ですので、ブランドを気にしなければ、低価格帯ロボット掃除機はかなりコスパが良いと思います。

 

というわけで、以上がKyvol e20のレビュー第3弾で、使い勝手のレビューでした!

 

 

吹き出し
吹き出し

第4弾では、Kyvol e20とアレクサの連携方法について見たいと思います。