自分にとって一番条件の良い住宅ローンを、効率的に探し出す方法とは…|新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ
新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ

自分にとって一番条件の良い住宅ローンを、効率的に探し出す方法とは…

 

吹き出し

住宅ローンはネット銀行が安いって聞くけど、本当なのかな?対面式の銀行からの借り入れって、本当に条件悪いのかな?

 

 

住宅ローンは、金利だけで見るとネット銀行がダントツに安く、多くの方がネット銀行からの借り入れに魅力を感じていると思います。

 

吹き出し

確かにネット銀行は金利は安い!ですが、実は、つなぎ融資の金利や、借入可能金額などを考えると、人によっては条件が良いとは限りません。

 

特に、つなぎ融資が関わってくる方は、実質的な金利総支払い額は、条件の良い対面式の銀行(りそなや三井住友信託など)とそこまで変わらなかったりします。

 

注文住宅でのつなぎ融資・分割融資について。つなぎ融資はアプラス一択?!
注文住宅でのつなぎ融資・分割融資について。つなぎ融資はアプラス一択?!
家を建てる時、土地を購入する人の割合は6割超。この場合や着工金・中間金を払う場合、「つなぎ融資」や「分割融資」が必要ですが、良い情報が出てこない…というわけで、.....

 

そのため、本来であれば、色々な銀行で仮審査を申し込み、一番条件の良い銀行で借入するのがベストなのですが…

 

言っていることは分かるんだけど、そこまで多くの使う時間ないんだけど。。。

 

 

というわけで、今回は効率的に自分に合った住宅ローンを探すことのできる2つの方法について、ご紹介したいと思います!

 

 

そもそも、自分にとって良い住宅ローンの条件というのは、一体なんなのか?

 

具体的な方法をお伝えする前に、少し住宅ローンに関連した話をしたいと思います(具体的な方法に進みたい方は、こちらをクリックしてください)。

 

そもそもの話ですが、良い条件というのは、どのようなことを言うのでしょうか?

 

 金利?借入可能金額?保障内容?

 

正解は…

 

  • 何が条件が良いかは、人によって判断が異なります。

 

例えばですが、できるだけ多くの借り入れをしたい場合は、金利が多少高くても、借入金額が大きい住宅ローンが良い条件です。

 

また、疾病保証が充実している住宅ローンを良い条件と考える方もいます。

 

吹き出し
吹き出し

このように、借入をする人によって、何が良い条件かというのは見方が変わってきます。

 

 

<目次に戻る>

 

 

できる限り多くの銀行に審査を出した方がよい理由

 

そして、色々な金融機関で住宅ローンの仮審査をしていると、あることに気づきます。

 

それは…

 

  • 審査は、銀行によってムラがある!

 

吹き出し

実際にどの程度ムラがあるか、私たちの実際の仮審査結果を例にムラがあることをお伝えしたいと思います。

 

 

私たちの住宅ローン仮審査結果

 

  • みずほ銀行:借入可能金額は、総工費の満額。変動金利は0.625%
  • 三井住友銀行:借入可能金額は、総工費の9.5割。変動金利は0.625%
  • 三井住友信託銀行:借入可能金額は、総工費の9割。変動金利は0.495%
  • きらぼし銀行:借入可能金額は、総工費の9割。変動金利は0.525%
  • りそな銀行:借入可能金額は、総工費の8.5割。変動金利は0.47%
  • 横浜銀行:借入可能金額は、総工費の満額。変動金利は0.625%
  • じぶん銀行:借入可能金額は、総工費の9割。変動金利は0.43%(当時は賃貸併用可能)
  • ソニー銀行:借入可能金額は、総工費の満額。変動金利は0.507%(賃貸併用不可のため断念)
  • 住信SBIネット銀行:借入可能金額は、総工費のほぼ満額。変動金利は0.447%

 

いかがでしょうか?金利も借入可能な金額も、銀行によって条件がまちまちです。

 

このような結果から、「銀行によって、住宅ローン審査の判断基準が異なっている」と推測できます。

 

このように審査にムラがあるため、正直どこの銀行が良い住宅ローンを貸し出してくれるのか、実際に審査してみないとわかりません

 

吹き出し

これが、できる限り多くの銀行に審査を依頼した方が良いと考える理由です。

 

 

<目次に戻る>

 

 

効率的に条件の良い住宅ローンを探す2つの方法

 

一つでも数多くの銀行へ審査を出すことは重要ですが、自分で1行1行対応しようと思うと、時間がかかります…

 

 書類の作成・提出資料の準備・銀行とのやり取り…

 

なので、時間が無い方にとっては、もっと効率的に住宅ローンを探す必要性があります。

 

吹き出し
吹き出し

このようなときに、次の2つのサービスが、とーっても役立つんです♪

 

 

 

効率的に住宅ローンを見つける方法① モゲチェック

 

モゲチェックというのは、次のようなサービスです。

 

  • モゲチェックは、一度の申し込みで、多数の金融機関が提供する住宅ローンの中から、お客様が借りられる最も低い金利のローンをご案内するサービスです。
引用元:モゲチェック

 

吹き出し

私たちが思うモゲチェックの良い点は、次の部分だと思っています。

 

 

モゲチェックのポイント

 

  • 数多くの銀行(ネット・対面両方)から、自分が借りることのできる最も低い金利(No.1金利)の住宅ローンを案内してくれる
  • 住宅ローンアドバイザーの資格保有者から、チャットで借入についてアドバイスを受けることができる
  • 申込方法がとっても簡単!30項目を入力するだけ、5分で登録が完了します♪(通常は1銀行あたり約100項目の入力が必要で、60分程度かかると言われています)
  • 利用ももちろん無料です!このサービスを使ったからと言って、金利にサービス料は上乗せされるわけでもありません。
  • 評価もバツグン!「紹介した住宅ローンサービス」「お客様満足度」「信頼できる住宅ローンサービス」でNo1の評価を獲得!
  • 多くの方が利用し、既に累計3万人以上の方がこのサービスに登録し、ローン取り扱い額は300億円を超えています。

 

 

なお、モゲチェックを運営しているのは、株式会社MFSというフィンテックのベンチャー企業

 

この会社がすごいのは、出資している株主たち、そして、経営陣のバックグラウンド。

 

特に、出資している株主は、出資に対してとてつもなく厳しい目をもつファンドや外資系金融機関です。

 

 ゴールドマン・サックス

 

 グロービス・キャピタル・パートナーズ

 

 電通イノベーションパートナーズ…

 

吹き出し

いかにこの会社がベンチャー企業として注目されており、高品質なサービスを提供していることが分かると思います。

 

 

 

 

効率的に住宅ローンを見つける方法② 住宅本舗

 

こちらは累計利用者が10万人を超えている、住宅本舗 住宅ローン一括比較 自分にとって一番条件の良い住宅ローンを、効率的に探し出す方法とは…です。

 

住宅本舗一括比較のポイント

 

  • 70の金融機関の中から、最大6行を選んで一括比較ができる
  • サービス開始にあたり住宅ローンなどの金融商品を管轄する省庁に対し、綿密な確認を行ったとのこと。このような対応をし、関係省庁、提携している金融機関からお墨付きをもらっているサービス
  • 国際規格であるISO27001を取得しており、安心して利用することができる

 

 

 

 

いかがでしょうか?どちらのサービスも、私たちの費やす時間を削減することができ、かつ自分にとって条件の良い住宅ローンを見つけ出すことが可能です。

 

吹き出し
吹き出し

早速利用して、よりよい家づくりに役立てちゃいましょう♪