住宅ローンで勤続年数の嘘はバレるのか?【ヒント:資格取得日】|新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ
新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ

住宅ローンで勤続年数の嘘はバレるのか?【ヒント:資格取得日】

 

吹き出し

勤続年数が短いと、審査に影響を与えるって聞いたわ…大丈夫かしら?

 

吹き出し

職務経歴短いから少しごまかそうかな…嘘ついても、バレないよね…?

 

住宅ローンの条件は、できる限り好条件の方が良い。

 

これは誰でも思うものです。

 

審査で見られるのは、勤続年数だけではありませんが…

 

 勤続年数が短いと、少なからず審査に影響を与えます

 

吹き出し

私は転職経験があり、当時は勤続年数が3年未満。住宅ローンの条件が良くないところが多かったです…

 

 

このような話を聞くと、「勤続年数をごまかせばいいんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

 

ということで、今回は「勤続年数の嘘をついた場合、バレるのか?」について記事にしました。

 

※ 【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービス
こちらの記事で私たちが紹介しているサービスは、住宅ローン選びに役立つかもです。なお、既に借入先を決めた方は、見ないでください。「使っておけばよかった」となると困るので…

 

 

 

 

住宅ローンで勤続年数の嘘はバレるのか?【ヒント:資格取得日】

 

結論から言うと…

 

 勤続年数の嘘は、バレます

 

ですので、勤続年数が短かったとしても、嘘はつくべきではありません

 

何でバレるかというと、健康保険証でバレます

 

吹き出し

一体健康保険証の何を見ているニャ?

 

 

実は、勤続年数の中で関係してくるのは、健康保険証の「資格取得日」です。

 

<目次に戻る>

 

 

銀行は資格取得日で勤続年数を確認している

 

この資格取得日は、どんな日付かわかりますか?

 

  • 一般的には、「資格取得日=その会社での就業開始日」と考えられます

 

というのも、健康保険は、その組織が属している組合によって異なります。

 

吹き出し

なので、転職して会社を辞める時は、健康保険証は返却する必要があります。

 

吹き出し

そして、次の会社に入社したタイミングで、健康保険証が新しく交付されます。

 

 

これが、「資格取得日=その会社での就業開始日」と考えられている理由です。

 

なので、審査申込書類に、「勤続年数:3年」と書きながらも、資格取得日で「2年」だったりすると…

 

吹き出し

この申請書の勤続年数、おかしいぞ?嘘ついているかもしれないから、確認が必要だな…

 

 

となってしまい、厄介な事態に巻き込まれます

 

<目次に戻る>

 

 

資格取得日で判断できないのは「海外赴任」「転籍」「出向」

 

ただし、判断できないケースが主に3つあります。

 

 「海外赴任」から日本に戻ってきた場合

 グループ会社などに「転籍」になった場合

 グループ会社などに「出向」している・していた場合

 

海外赴任から戻ってきた方は判断方法が2パターンあり、片方が資格取得日から判断できないケースになります。

 

  • 海外法人に転籍になっていた場合・報酬の全額が海外赴任先から支給されていた場合:資格取得日から判断不可能
  • 日本の会社から報酬を受け取っていた場合:資格取得日から判断可能

 

出向している・していた方は判断方法があり、次に該当する方は、資格取得日から判断ができません。

 

  • 出向先が給与を全て払っている場合
  • 出向先と出向元で給与をそれぞれ負担しているが、出向先の割合の方が大きい場合

 

ですので、これらに該当する場合、仮審査申し込みの段階で、銀行に伝えておくのがベストです。

 

<目次に戻る>

 

 

嘘がバレると住宅ローンが審査不可の危険性も

 

住宅ローン審査で嘘がバレると、当然のことながら、審査が不利になります

 

勤続年数の嘘が与える影響

 

  • 金利が高くなる
  • 借入可能金額が低くなる

 

正直なところ、この程度で済むのなら、まだ良い方かもしれません。

 

 最悪は借入不可、となるケースもあり得ます

 

普段の人間関係と同じで、嘘をついた人間は、信用できない

 

これが大きなお金を貸すかどうかの判断なら、尚のこと

 

吹き出し
吹き出し

勤続年数が短いと審査に影響するのでは?と心配になるのは分かりますが、嘘はご法度。正直に申告しましょう。

 

 

<目次に戻る>

 

 

勤続年数によらず審査可能な住宅ローンは多数

 

何度もお伝えしているとおり…

 

勤続年数が短いと、少なからず住宅ローンの審査に影響します。

 

 ただし、今は、転職自体にネガティブな印象はない

 

吹き出し

正直なところ、私の周りでは転職をしていない人の方が少ないです。

 

 

なので、勤続年数が短くても、審査をしてくれる銀行は数多く存在します。

 

実際のところ、借入基準に勤続年数を設けている銀行は、少ないのです。

 

つまり…

 

  • 審査対象になるので、自分の希望通りの条件が出る可能性はある、ということです。

 

結局のところ、どう影響するのかは審査結果が出るまで分からない

 

ですので、最後まで諦めない

 

嘘をつかずに、数多くの銀行に審査をお願いする

 

これが大事です。

 

吹き出し
吹き出し

私たちも、合計10行以上に審査を依頼しました。

 

 

そうは言っても、忙しくて時間がない…

 

そのような場合でも、次の記事で紹介しているサービスを使えば、効率的な住宅ローン選びに役立つかもです。

 

【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービスとは?
【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービスとは?
家づくりでは、住宅ローンは避けて通れない話。が、「どの銀行の条件が良い?」という点が疑問に…この記事では、無料で利用できる、2つのサービスを紹介。条件の良いロー.....

 

<目次に戻る>

 

 

3年未満の場合は職務経歴書の提出が必要

 

なお、私たちの経験から言うと、勤続年数が3年未満の場合、大抵の銀行で、職務経歴書の提出が求められます。

 

職務経歴書のフォーマットは、銀行によってまちまち。

 

吹き出し

所定のフォーマットを持っている銀行もあれば、自分で好きに作って送る銀行もありました。

 

 

ただ、どこの銀行も最低限必要としていたのは、次のような点でした。

 

必ず記載が求められた点

 

  • 会社名
  • 以前の会社での勤続年数
  • 以前の会社での年収
  • 転職理由

 

おそらく、以前の会社の勤続年数や、転職理由なども審査する際の判断材料にしていると考えられます。

 

<目次に戻る>

 

 

勤続年数同様に職務経歴書の嘘はバレる?

 

これは私たちがとある銀行の担当者と話した中でのことなので、参考程度にしていただきたいのですが…

 

吹き出し
吹き出し

過去の職務経歴については、直接確認したりはしないとのこと。

 

 

実際、銀行ではなくても、過去の職務経歴を追うのは難しいですからね。

 

 なぜなら、個人情報保護法があるから

 

以前の会社が本人の同意なく情報を開示した場合、問題になる可能性があります。

 

吹き出し
吹き出し

だからと言って、嘘をついて良いわけではありませんので、この辺りは注意が必要です。

 

 

唯一嘘をついてもいい(体裁を整える)のは、「転職理由」くらいでしょうか。

 

  • 本当はネガティブな転職だったとしても、それは書かず、ポジティブな理由を書く

 

これは転職活動の過程でやっていると思いますが。。。

 

というわけで、以上が勤続年数の嘘はバレるのかについてのお話でした。

 

吹き出し
吹き出し

何度も言いますが、勤続年数の嘘はつくべきではありません。正直に記載し、多くの銀行審査を依頼し、条件の良い住宅ローンを勝ち取って下さいね!