住宅ローン審査と勤続年数:転職回数は影響する?【結論:年数次第です】|新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ
新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ

住宅ローン審査と勤続年数:転職回数は影響する?【結論:年数次第です】

 

吹き出し

転職回数って住宅ローンの審査に影響するのかしら?

 

吹き出し

そもそも転職回数って言わなきゃいけないの?仮審査申込書には、「勤続年数」の欄はあっても、「転職回数」はなかったよな…

 

 

住宅ローン条件の中で、私たちにとって重要な点は、次の2つ。

 

  • 借入可能額
  • 金利

 

銀行側は、この2つを決めるために、様々な情報の提出を求めてきます。

 

その中で、必ず聞かれるのが、今の会社の「勤続年数」

 

そして、場合によって、転職回数の情報も提供しなければいけません

 

吹き出し
吹き出し

そこで、この記事では、「転職回数」は審査に影響するのかどうかについて、まとめました。

 

 

 

 

住宅ローン審査と勤続年数:転職回数はどう影響?【結論:年数次第です】

 

転職回数が銀行の審査に影響するのは、勤続年数次第です。

 

 勤続年数が3年を超えているかどうか

 

  • 3年超の場合:転職回数は影響しない
  • 3年未満の場合:転職回数が影響する

 

なぜ3年未満だと影響するかというと、「職務経歴書」を提出する必要があるからです。

 

<目次に戻る>

 

 

勤続年数が3年未満:職務経歴書の提出が必要

 

吹き出し

実際、私が最初の方に仮審査を依頼した際、勤続年数は2年10か月くらい。

 

 

この際には、仮審査申し込みを行ったほぼ全ての銀行から、「職務経歴書を出してください」と言われました。

 

職務経歴書を提出した銀行例

 

  • 三井住友信託銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • きらぼし銀行 etc.

 

例えば、じぶん銀行の「よくあるご質問」で、職務経歴書についての条件を明確に記載しています。

 

  • 転職後3年未満の場合は、本審査時に職歴書をご提出ください。職歴書には、学校卒業後のすべての職歴(現職も含む)、転職理由をご記入ください。なお、auじぶん銀行の審査によっては住宅ローンをご利用いただけない場合があります。
引用元:じぶん銀行 よくあるご質問

 

ただ、職務経歴書が必要な条件について、明確に記載した銀行は少ないです。。。

 

吹き出し

私たちが実際に提出した銀行の多くのサイトからは、記載が見つかりませんでした。

 

 

このように、「職務経歴書の提出=今までの転職回数を記載しなければならない」ということになります。

 

なお、職務経歴書のフォーマットは、銀行によってまちまち。

 

 所定のフォーマットもあれば、自分で好きに作って送る銀行も

 

例えば、先ほど引用に出したじぶん銀行は、所定のフォーマットを持っていました。

 

一方で、三井住友信託や、みずほ銀行などは、自分で作成したものを送るような形でした。

 

ただ、どこの銀行も最低限必要としていたの情報は、次のような点でした。

 

記載を求めらる点

 

  • 以前の会社名
  • 以前の会社での勤続年数
  • 以前の会社での年収(場合によりけり)
  • 転職理由

 

 

<目次に戻る>

 

 

勤続年数が3年超:職務経歴書の提出は不要

 

一方で、勤続年数が3年を超えると、職務経歴書の提出自体が不要になります。

 

吹き出し

そのため、それ以前に転職回数が何十回もあったり、勤続年数が数か月だったとしても、審査には影響なし。

 

 

「3年」という基準の理由はよくわからないですが…

 

石の上にも3年という諺がある通り、「3年」は一つの区切りなのかもしれませんね(これは日本だけではないように思います)。

 

ですので、正直なところ、勤続年数に不安がある方は、3年経つまで、待った方が良いです。

 

<目次に戻る>

 

 

過去の勤続年数が短いと影響はあるが…

 

というわけで、3年未満ですと転職回数がわかってしまうので、審査に何かしらの影響があります

 

吹き出し

短いとどんな影響があるニャ?

 

 

と疑問が出てくると思いますが…

 

 ぶっちゃけ、わかりません

 

  • その人の転職回数や勤続年数、会社の規模感、転職背景…
  • 銀行の審査基準

 

これがそれぞれ違ってくるので、何とも言えないんです。

 

吹き出し

参考になるかわかりませんが、私の場合を例にしてお話します。

 

吹き出し

実は、旦那は、住宅ローン申請当時は「3年」前後。3年未満で依頼した銀行、3年超で依頼した銀行両方あったんです。

 

 

3年未満の時に出した住宅ローンの条件だと、次のとおり。

 

  • 借入希望金額は確保できるが、金利が高め
  • 金利は低いが、借入可能額は低め

 

この両パターンしか結果は出ませんでした。

 

一方、3年超で出した銀行での借入条件は…

 

 借入金額も、金利も「希望通り」

 

正直、条件が決まるのは勤続年数だけではありません。

 

その他にも、資産額、年収、担保価値etc.と要因は様々です。

 

ですが、私たちの場合、勤続年数以外の私たちの条件は全て同じ

 

つまり、勤続年数が「3年」を超えるか超えないかで、こうした違いが生まれる可能性が誰にでもあるわけです。

 

<目次に戻る>

 

 

転職回数が多くても嘘はつくべきではない

 

「転職回数と審査は関係がある」と聞くと、頭によぎるのは、これです。

 

  • 勤続年数短いし、転職回数も多いから、審査申込書に今の会社の勤続年数を3年超って書いて提出しようかな…

 

ですが、これは絶対にやめた方が良いです。

 

 なぜなら、嘘はバレるから

 

住宅ローンで勤続年数の嘘はバレるのか?【ヒント:健康保険証】
住宅ローンで勤続年数の嘘はバレるのか?【ヒント:健康保険証】
住宅ローンの審査の中で、「勤続年数」は重要な項目。ですので、年数が短い方は「嘘でごまかそう」と思うかも。この記事では、嘘はバレるのかを解説。ですが、銀行のチェッ.....

 

吹き出し

銀行が求める提出書類には、必ず「意図」があります。

 

吹き出し

大抵のことはバレてしまうので、正直に自分の現状を伝え、その中で最善の条件を探ってもらうことが重要です。

 

 

<目次に戻る>

 

 

勤続年数不問で住宅ローン審査可能な銀行は多い

 

実は、勤続年数が短くても、審査可能な銀行は数多く存在します。

 

つまり…

 

  • 審査対象になるので、転職経験があっても、自分の希望通りの条件が出る可能性はあります

 

結局のところ、先ほどもお伝えした通り、どの程度影響するのかは審査結果が出るまで分からない

 

ですので、嘘をつかずに、数多くの銀行に審査をお願いする

 

これが重要だと思います。

 

吹き出し
吹き出し

私たちも、合計10行以上に審査を依頼し、最後の最後でようやく一番良い条件を勝ち取りましたし…

 

 

そうは言っても、忙しくて時間がない…

 

そのような場合でも、次のようなサービスで、効率的に条件の良い住宅ローンを見つけることができますよ。

 

 

住宅ローンと審査:良い条件を、効率的に探す方法【5分で探す方法も…】
住宅ローンと審査:良い条件を、効率的に探す方法【5分で探す方法も…】
家づくりでは、多くの方が住宅ローンを組みます。が、分からないのは「どの銀行の条件が良い?」という点。この記事では、住宅ローンの効率的な探し方を解説。手間を省いて.....

 

 

<目次に戻る>

 

 

過去の転職回数や勤続年数は自己申告のみ

 

ちなみに、職務経歴書の内容は「自己申告」。それ以上は何も聞かれないようです。

 

吹き出し
吹き出し

私たちも、職務経歴書の内容については、どの銀行からも特に突っ込まれませんでした。

 

 

実際、銀行ではなくても、過去の職務経歴を追うのは難しいですからね。

 

 なぜなら、個人情報保護法があるから

 

以前の会社が本人の同意なく情報を開示した場合、問題になる可能性があります。

 

なので、例えばの話ですが…

 

 転職回数は3回だけど、1回だけにした

 前の会社の勤続年数は2年だけど、5年ということにした

 

ということをしても、基本的には分かりません。

 

  • ただ、だからと言って、虚偽記載をしてはいけませんよ。。注意してくださいね。

 

というわけで、以上が住宅ローン審査に転職回数は影響するのかについてでした。

 

吹き出し

今は転職することも普通になってきているので、以前よりは転職に柔軟になってきていると思います。

 

吹き出し

ですので、実際の自分の状況を伝えて、その中で一番条件の良いローンを勝ち取って下さいね!