住宅ローンの返済比率計算に入らない費用【地味にインパクトあり】|新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ
新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ

住宅ローンの返済比率計算に入らない費用【地味にインパクトあり】

 

吹き出し

住宅ローンを借りる時って、返済比率だけを見ればいいのかしら…?

 

吹き出し

返済比率以外にも色々費用ってかかるんじゃないのかな…どんなものがあるんだろう?

 

 

マイホームの購入は、人生にとって大きなお買い物

 

それであるが故に、ほとんどの人が住宅ローンを使い、家を購入をします。

 

その中で、気になるのが、これ。

 

 どれくらいの住宅ローンを借りるのが良いのだろう…?

 

そして、こうした疑問の解消するための一つの指標が、「返済比率」。

 

住宅ローンにおいて「返済比率」とは、次の割合のことを言います。

 

  • 年間返済額(元本+利息) ÷ 額面年収(税引き前年収) = 返済比率

 

実はこの「返済比率」以外にも、家を買うと地味に毎年かかる費用があります

 

そこで、今回はこの「返済比率」以外の押さえておくべき費用について記事にしました。

 

※ 【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービス
こちらの記事で私たちが紹介しているサービスは、住宅ローン選びに役立つかもです。なお、既に借入先を決めた方は、見ないでください。「使っておけばよかった」となると困るので…

 

 

 

 

住宅ローンでの返済比率の計算に入らない費用【地味にインパクトあり】

 

返済比率は、返済にかかる費用の比率のため、次のような費用は計算に含まれていません。

 

計算に含まれていないもの

 

  • 固定資産税・都市計画税
  • 火災保険・地震保険
  • 管理費
  • 修繕費積立

 

吹き出し

ですが、これらは年間で考えると、結構な費用負担に…

 

吹き出し

なので、これらも考えた上で返済計画を立てないと、後で困ったことになります。

 

 

それでは、一つ一つ細かく見ていきたいと思います。

 

<目次に戻る>

 

 

計算に入らない費用① 固定資産税・都市計画税

 

賃貸の場合、借りているだけなので、固定資産税は払う必要はありません。

 

が、家を持つと、自分のものなので、固定資産税を払う必要が

 

固定資産税・都市計画税は家自体と、土地にそれぞれかかってきます

 

吹き出し
吹き出し

具体的には、次のような計算をします。

 

 

  • 固定資産税 = 固定資産評価額 × 1.4%
  • 都市計画税 = 固定資産評価額 × 0.3%

 

この「固定資産評価額」は、建物、土地で計算方法が違います

 

 「建物」は市区町村の職員が家屋調査をして決定

 「土地」は3年毎に市区町村が実勢価格(時価)を基に決定

 

なお、居住用の家の場合は、家、土地共に固定資産税の軽減措置を受けることができます

 

吹き出し

固定資産税は納税通知書が毎年4月~6月の間に送られてきて、納付期限までに支払が必要です。

 

吹き出し

支払いタイミングは、「年一括」と「分割(四半期毎)」の2パターンから選択可能。

 

参考までに、私たちの家にかかる固定資産税評価額は約900万円(約112㎡)でした。

 

簡易的に計算すると、「1㎡当たり8万円」ということになります。

 

結果として、家の固定資産税・都市計画税は「約900万 × 1.7% × 1/2(軽減措置) = 約8万円」を2020年は支払っています。

 

家に対する軽減措置を簡単に説明すると、「120㎡までの部分は、固定資産税が1/2になる」というルールです。

 

  • 長期優良住宅:5年間
  • 長期優良住宅以外3年間

 

この期間が、家の軽減措置が適用される期間となります。

 

つまり、この期間を過ぎると、2020年の倍の税金を払う必要が出てくるということですね…

 

吹き出し
吹き出し

もちろん、家の価値は年々下がっていくので、単純に倍の支払いというわけではありませんが…

 

 

<目次に戻る>

 

 

計算に入らない費用② 火災保険・地震保険

 

火災保険や地震保険というは、家を購入した際に、一括して数年分を支払うことが多いと思います。

 

吹き出し

私たちの場合は、火災保険は10年一括支払い、そして、地震保険は5年一括支払いでした。

 

吹き出し

そして、合計で約30万円の支払い(地震保険はうち9万円)をしています。

 

つまり、地震保険は5年毎、火災保険は10年毎に大きな支払いが必要になります。

 

なお、我が家のこの費用で考えると、年平均で約4万円を支払っていることになります。

 

ちなみに、火災保険や地震保険というのは、様々な要因で、支払額は全然違います。

 

影響を与える例

 

  • 保険金額をいくらにするか
  • 家の構造はどうなっているか(木造?鉄骨?耐震等級は?など)
  • どこの保険会社を選ぶか?(大手は割高傾向)
  • その他のオプションをどこまで入れるか

 

正直、この火災保険・地震保険って、素人からすると、分かりにくいんですよね

 

吹き出し

というわけで、私たちは一括比較を利用して、各会社から見積もりを取ってもらいました。

 

吹き出し

その後、代理店の担当からメリット・デメリットなどを説明してもらい、最終的に「楽天損保」に決めました。

 

 

火災保険・地震保険の一括比較は、自分で調べる手間も省けるので、良いサービスだと思います。

 

  • インズウェブ 住宅ローンの返済比率計算に入らない費用【地味にインパクトあり】(SBIホールディングスが運営する比較サービス)

 

<目次に戻る>

 

 

計算に入らない費用③ 管理費(マンションの場合)

 

マンションの場合、戸建てとは違い、「管理費」が毎月発生します。

 

吹き出し

管理費は、マンションの規模感や、設備の充実度によって、額が異なります。

 

 

例えば、三井不動産のパークシティ柏の葉キャンパス サウスマークタワーでは、管理費は「月額 8,180円~14,910円」。

 

もう一つ例を出すと、住友不動産のベイサイドタワー晴海では、管理費は「月額22,415円~30,665円」と高額です。

 

パークシティは一般的なマンションです。

 

が、ベイサイドタワーは、タワマンでゴージャス、かつコンシェルジュサービスなどがついたマンション。

 

そのため、このように管理費に大きく違ってくるわけです。

 

ただ、月額8000円でも、年間では約10万円がかかり、結構な出費になります。

 

吹き出し
吹き出し

永遠と管理費は払う必要があるので、長い目で見ると、結構な費用ですよね。。。

 

 

<目次に戻る>

 

 

計算に入らない費用④ 修繕積立費

 

修繕費は、戸建てもマンションも、積み立てておく必要があります。

 

ただ、戸建てとマンションの違いがあります。

 

 「自発的に積み立てられる」か「強制的に引かれるか」

 

戸建ての場合、修繕費が発生し始めるのは、大体10年経った位から

 

吹き出し

そして、家の修繕費は、家の使っている素材や耐久性によって、全然違います。

 

吹き出し

平均的には10年後に100万程度かかるといわれています。なので、毎月1万円程度の積立位でしょうか。

 

 

一方、マンションの場合は、管理費と同様、毎月支払う積立金があらかじめ決められています。

 

例えば、先ほどの三井不動産のパークシティ柏の葉キャンパス サウスマークタワーでは、修繕積立金は「月額 5,530円~10,080円」。

 

そして、入居時に、修繕積立基金として、一括 553,000円~1,008,000円の支払いが必要です。

 

もう一つ例である住友不動産のベイサイドタワー晴海では、修繕積立金は「月額5,090円 ~ 7,080円」。

 

そして、入居時に、修繕積立基金として、一括 305,600円 ~ 425,100円の支払いが必要です。

 

吹き出し

このように、年間6万円から10万円程修繕積立費が必要となります。

 

吹き出し

これも地味にお金かかりますね…

 

 

というわわけで、以上4つが、返済比率に含まれない主な費用なのですが…

 

 この4つだけで、毎年30万~40万の支出増となります

 

この費用を見ずに返済比率だけを見てしまうと、「こんなはずじゃなかった…」となる可能性が大きいです。

 

吹き出し
吹き出し

結局、余裕を持った返済比率での借入というのは、やはり大事だと思います。

 

 

住宅ローンの返済比率と年収の関係性【年収高い=比率は高くてOK】
住宅ローンの返済比率と年収の関係性【年収高い=比率は高くてOK】
住宅ローンを借りる際に気になる「返済比率」。実は、年収によって、返済比率の割合は変化します。この記事では、4つの年収を例に、どの程度手元にお金を残るかも計算。無.....

 

そうした点からも、自分にとって金利の条件の良い住宅ローンを借りることは重要

 

そして、次の記事でまとめたサービスは、時間短縮にもなり、条件の良い住宅ローンを探す上でも良いサービスです。

 

【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービスとは?
【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービスとは?
家づくりでは、住宅ローンは避けて通れない話。が、「どの銀行の条件が良い?」という点が疑問に…この記事では、無料で利用できる、2つのサービスを紹介。条件の良いロー.....

 

というわけで、以上が返済比率に含まれていない費用のまとめでした。

 

吹き出し
吹き出し

余裕の持った返済計画の参考になると嬉しいです♪