新築マイホームを建てたアラサー共働き夫婦の家ブログ

Web内覧会② 玄関スペース

それでは、ここでは玄関スペースを紹介したいと思います!

 

 

1階玄関ホールは大理石調の床材で統一

 

ホールと言ってもとっても狭いんですけどね。。。

 

玄関は白を基調として、清潔感、かつ高級感が感じられるようなスペースにしたいと思い、このような色合いのデザインにしました。

 

床にタイルを張るようなお金の余裕はないので、あくまでそれっぽくですが。

 

このフローリングはハピアフロアシリーズののホワイトオニキスと言います。

 

ダイケン工業という、フローリング材専門のメーカーが取り扱っているものです。

 

少し近づいてみると、こんな感じです。

 

Web見学会② 玄関スペース
Web見学会② 玄関スペース

きらきらしていてなかなかおしゃれなのですが、このフローリング、結構繊細です。

 

というのも…

 

1. 傷がとてつもなくつきやすい

 

2. ちょっとしたものを落としただけで凹む

 

3. その傷と凹みがとーっても目立つ

 

このフローリングは営業マンから「こういうものがあります!」と勧められ、かっこいい!と思って採用しました。

 

ただ、実生活ではかなり気を使わないといけません…

 

内覧会という、引き渡し前の施主チェックがあるのですが、引き渡しの前の時点で傷が入っている箇所がありました。

Web見学会② 玄関スペース

しかも、補修をしてもその傷後が光に反射して目立ちます。。。

 

運送などのちょっとしたことで凹むそうなので、これは致し方がないとのこと。

 

アフターサービスの担当が言うには、男の小さいなお子さんがいるとこのフローリングは大変なようで、ミニカーなどを床に走らせたら一発アウトだそう。。

 

勿論、フローリングを交換することはできますが、それなりの費用が掛かります。

 

我が家の場合は赤子の女の子なので今のところは大丈夫ですが、最近は色々ないたずらもしているので将来傷が付く可能性、かなりあります。

 

このように、材質によっては傷が付きやすいもの、傷が目立ちやすいものがあるので、実際その材質はどうなのかを調べた方がよいかもしれません。

 

 

 

壁にはマーブル調のアクセントクロスを

 

Web見学会② 玄関スペース

玄関を入って左側の壁一面はマーブル調にしています。

 

これも、タイルではなく、それっぽい壁紙を選んでアクセントにしました。

 

この壁紙は、サンゲツのRE7481という品番です。

 

壁紙選びは結構家づくりの中でも骨の折れることの一つです。

 

世の中には色々なアクセントクロスがあり、工夫次第でタイルやエコカラットなどに変えて、代用することができます

 

我が家は予算的にタイルやエコカラットまで追加でお金をかける余裕がなかった(他のことにお金を回した)ので、全てアクセントクロスでそれっぽく対応しました。

余談ですが、私達の場合は、ハウスメーカーから各メーカーごと、そしてハウスメーカーオリジナルのクロス台帳を1か月近く借り、毎日どれがよいか、検討していました。

 

クロスメーカーでいうと、代表的なところはサンゲツリリカラです。

 

この2つに関してはショールームに行きました(私達は東京に住んでいるので、リリカラは新宿、サンゲツは品川でした)。

 

その他トキワさんなんかも見ていたと思います。

 

サンゲツは合計4回個人的に行きました。最初担当してくれたコーディネータさんが最高の方で、その後はその方指名で色々とアドバイスしてもらいました。

 

この方はハウスメーカーのインテリアコーディネーターの方の中でも有名な方だったので、偶然にもあたりを引いたような感じです。

Web見学会② 玄関スペース

これは、サンゲツに行ったときに、どのような壁紙がホワイトオニキスに合うか、考えていた時のものです。

Web見学会② 玄関スペース

これは、当時住んでいた家で色々と組み合わせていたときのものです。

 

これは1階部分や洗面の部分の写真ですが、リビングや他の部屋についても同様に考えていきました。

 

 

玄関の収納は2つ

 

Web見学会② 玄関スペース

 

これは典型的かもしれませんが、入り口入って右側に一つ、そして、玄関ホールに収納をつけました。

 

写真からは少しわかりずらいかもしれませんが、この収納はどちらも鏡面という、つやのある扉になっています。

 

右側のシューズボックスは、これもまたリクシルのもので、ラフィス玄関収納シリーズというものです。色はプレシャスホワイトと呼ばれています

 

このスペースに置けそうな収納で、かつ鏡面を扱っているようなシューズボックスがなかなか見つかりませんでした。

 

色々とカタログをインターネットで探し、最終的に見つけたのがこれでした。

 

なお、奥側の収納はハウスメーカーのオリジナル商品となっています。

 

この白は木目調の鏡面白となっていて、なかなかおしゃれです。

Web見学会② 玄関スペース

 

また、この収納のとびらはハイドア仕様になっていて、壁高さぎりぎりまでドアの高さがあります。

 

ハウスメーカーの場合、こうした収納やドアの高さは、何も言わないと2.1メートルで見積もっていることが多いです。

 

一般的な家の天井高は2.4メートルですが、この天井に対して大体2.0-2.1、一部では2.2メートルの高さのドアを標準としているようです。

 

勿論、この普通のドア高でよいよ、というのであればいいのですが、ハイドアの方が部屋の感じがすっきりしますし、デザイン的にもおしゃれでおすすめ。

 

なお、私達の場合、当初営業担当は、2.2メートルでドア高を設定していました。

 

幸いなことに、2.2メートルの場合は、2.4メートルまでであれば追加費用が掛からずドアを高くできるということでした。

 

なので、設計上可能な部分は全てドア高2.4メートルにしてもらいました。

 

ちなみに、賃貸の部分は、2.0メートル高で設定されていて、結果2.4メートルにするために追加費用はかかってしまいましたが。。。

 

 

玄関ホールのちょっと困っていること

 

さて、この玄関ホール、困っていることがあります。

 

見てわかるとおり、狭いのです!

 

靴を脱いで入るところの横幅は約1メートルです。この幅、以前住んでいた賃貸の幅と一緒です。

 

Web見学会② 玄関スペース

 

何も障害物がなければまだよいのですが、我が家の場合はベビーカーがあり、それで横8割は食ってしまっています。

 

お客さんが来たときは不格好なのでベビーカーを外に出して何とかしますが、それ以外はそのまま玄関の土間部分に置きっぱなしなので、出入りが若干不便です。

 

広さは限られているのと、1階部分を最大限賃貸に活用したので、玄関スペースは削らざるを得なませんでした。

 

なので、納得した上で狭くはしているのですが…

 

賃貸の方もう少し狭くしてでも玄関広げた方がよかったのかも!と今になっては思ってます。

 

というわけでは、以上が玄関スペースのWeb内覧会でした!!

 

 

吹き出し

ちなみに、ハロウィンディスプレイ仕様のものも記事にしてますので、ご興味があればご覧ください♪

 

Web内覧会⑭ 入居後玄関スペース:ハロウィンディスプレイ編
Web内覧会⑭ 入居後玄関スペース:ハロウィンディスプレイ編
10月はハロウィンシーズン!ということで、今回私たちは、玄関スペースに、ハロウィンディスプレイを。「安く、おしゃれに」を目指し、ニトリ、スリコ、キャンドゥなどの.....