新築マイホームを建てたアラサー共働き夫婦の家ブログ

私たちの外構工事の費用詳細について

 

吹き出し

外構工事の費用って、どんなことにいくらかかってるのか知りたいなー!実際の例を教えて?

 

 

家づくりの中で「外構工事」という言葉を良く聞くと思います。

 

この外構工事とは建物とは別の「家の外側」の工事のこと。

 

我が家の外構工事についての流れは、次の記事で紹介しています。

 

外構工事について私たちがしたコトの全体の流れ
外構工事について私たちがしたコトの全体の流れ
家づくりの最後に行われる「外構工事」。この外構工事は、相見積もりを取り、比較をしやすい工事です。この記事では、外構工事の役立つことができるよう、私たちが実際に経.....

 

そして、私たちの家にかかった費用、そして外構工事の費用というのは、次の記事でご紹介しています。

 

注文住宅の費用について。家を建てるのにかかった実際の費用を公開します!
注文住宅の費用について。家を建てるのにかかった実際の費用を公開します!
家づくりに当たり気になるのが、「いくら家にお金かけるのか?」という点。この記事では、私たちの家にかかった費用を公開しました。「オプション」、「外構」、「諸費用」.....

 

ですが、ここでは項目のみしか書いていなかったので、外構のどんなことにいくらかかったのか、イメージしにくいかもしれません。

 

吹き出し
吹き出し

ということで、この記事では写真も交えながら、外構工事の費用について、どのようなことにいくらかかったのかを見ていきたいと思います!

 

 

 

外構工事の費用一覧について

 

一つ一つ見ていくにあたり、外構工事の費用について、一覧を見ていきたいと思います。

 

# 項目 費用(税込円)
1 仮設・準備工事 33,880
2 土間コンクリート工事 225,720
3 化粧門柱工事 334,968
4 照明工事 56,144
5 タイル工事 66,908
6 メッシュフェンス工事 56,859
7 目隠しフェンス工事 148,071
8 賃貸付帯工事 149,765
9 ゴミ置き場・袖壁 58,098
10 後付け窓シャッター工事 139,975
11 左官補修費 33,000
12 防草シート+砂利(整地含む) 30,008
13 植栽工事 44,000
14 諸経費 150,700
15 東側土留め工事 23,100
16 出精値引 -36,633
17 合計 1,517,641

 

このように、合計で152万円かかっています。

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の図面上でのプランについて

 

次に、どのようなことを行ったか、図面上でのものです。

 

 

吹き出し
吹き出し

外構部分は狭いのですが、色々と施工されています。

 

 

なお、この外構工事費用は、計4社から相見積もりを取ったもので、一番安かった業者に発注したものです。

 

安いからと言って品質が悪いわけではなく、打ち合わせ・現地確認、ホウレンソウもしっかりしていて、外構工事自体もきちんとやってくれました。

 

この外構業者、ネットでは評判があまり載っていないのです。

 

が、私たちと同じ意見を持つ方が多かったのでしょう。

 

今では外構工事の受注ストップになってしまう程、注文が入ってしまっているようです。

 

吹き出し
吹き出し

実は私たち、同じ外構業者にバルコニーの装飾を頼みたかったのですが少し待たなければいけなくなりました…

 

 

では、次から一つ一つの外構工事について、見ていきたいと思います。

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用① 仮設・準備工事 3.4万円

 

こちらは、外構工事を行うに当たっての準備のための費用だそうです。

 

例えばですが、準備工事としては次のようなことを行っていました。

 

  • 配置図を基に、実際の高低差を再確認
  • 土を全て掘り、地中にある配管(ガス管・水道管)の位置を確認

 

なお、この中には外構業者の方で図面の作成代金も含まれていました。

 

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用② 土間コンクリート工事 22.6万円

 

土間コンクリートというのは、図面でいうとこのオレンジ部分に相当するスペースで、合計で10㎡でした。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

写真で見るとわかるとおり、家の外側については、植栽部分以外は全て土間コンクリートが施工されています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

吹き出し

タイルが貼ってある部分も土間コンクリートを施工しなきゃいけないの??

 

吹き出し

答えは、「Yes」です。

 

 

玄関は、賃貸も含めて、入り口部分はタイルを貼っています。

 

が、タイルを貼るにも、まずは土間コンクリートを下地として施工する必要があります。

 

なお、見積もりの内訳は、次の通りとなっています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

  • 鋤取り工事・残土処分代金:付帯作業費
  • その他:コンクリート工事費用

 

このようにざっくり考えて良いのではないかと思います。

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用③ 化粧門柱工事 33.5万円

 

門柱化粧工事というのは、私たちの家の門柱です。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

門柱にある照明部分については、別の工事費用となっています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

吹き出し

門柱の工事費って、こんなにかかるの…??!

 

私たちも最初、同じように思いました。

 

次のものが、実際に私たちが受け取った見積書の詳細です。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

ここから見て分かる通り、次の3つで主に外構費用がかかってしまっています。

 

  • ボーダータイル施工費(これはリクシルのサザナミというものです)
  • 宅配ボックス設置費
  • 各種取り付け工事費用

 

ちなみに、タイルではなく、宅配ボックス付きの機能門柱で施工した場合、大体この半額でできそうでした

 

イメージとしては、次のような写真です。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

吹き出し
吹き出し

コストダウンは考えたのですが、機能門柱ですと存在感がないように感じ、化粧門柱にしました。

 

 

なお、我が家の場合はほんの一部の門柱にタイル貼りをして、この金額です。

 

玄関一面にタイル貼りをされている家というのは結構あると思いますが…

 

 かなり外構費用にお金かけていると思います!

 

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用④ 照明工事 5.6万円

 

照明工事は、上でも載せたとおり、化粧門柱のこの部分です。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

この照明ですが、夜になると、このような形で照らしてくれます。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

照明工事の内訳としては、次のようになっています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

吹き出し

なんでもそうだけど、材料費よりも工事費自体がなんでも高いわね。。。

 

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑤ タイル工事 6.7万円

 

タイル工事は、玄関の入り口部分のタイルです。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

玄関ポーチ部分については、ハウスメーカーの施工です。なので、それ以外のタイル部分が、外構業者での施工になります。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

こちらの内訳は、次のようになっています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑥ メッシュフェンス工事 5.7万円

 

メッシュフェンスについては、2か所設置しました。外から人が入れないようにするためです。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

こちらが実際の写真になります。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

この外構工事の内訳は、次の通りになっています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

吹き出し

私たちの場合は、幅がどちらも大きくないので、120cm幅のものを切って2つに割り、メッシュフェンスを設置しました。

 

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑦ 目隠しフェンス工事 14.8万円

 

目隠しフェンスは、賃貸の方のために設置しました。この部分です。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

というのも、家と家の間が近いため、隣家の窓がすぐそこに…

 

吹き出し
吹き出し

東京で家を建てようと思うと狭い土地でしか買えないので、隣家同士が近いのは良くある話です。

 

このように見えるのですが(家を建てているときに撮影したものです)、さすがに賃貸の人嫌だろうな…と思いました。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

それに、隣の方も、窓から中が見えるのは嫌だろうな…と。

 

ということで、ここに目隠しフェンスをつけて、お互いのプライバシーを保つような形にしたわけです。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

ただ、この目隠しフェンスの設置費用って、結構高かったです。内訳はこちらです。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑧ 賃貸付帯工事 15.0万円

 

賃貸付帯工事というのは、宅配ボックス兼ポストの設置費用のことを言っています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

正直、宅配ボックスはつけなくてもいいのでは?とも思ったのですが…

 

我が家の場合は1階ですし、オートロックもない木造賃貸。

 

この条件は結構敬遠する人いると思ったので、少しでもアドバンテージをつけたいと思い、つけることにしました。

 

なお、宅配ボックスをつけずにポストのみにした場合、3万円ほどで施工ができたようです。

 

この宅配ボックスの外構工事費用の詳細は、このようになっています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑨ ゴミ置き場・袖壁 5.8万円

 

ゴミ置き場というのは、玄関すぐ横のこの部分です。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

賃貸の方と一緒に出すための場所として設置しました。

 

吹き出し

当初はゴミ箱を置くことを想定していたのですが、まあ2世帯だし、そこまでゴミのでないだろうと思い、このようにコンクリートだけを設置しました。

 

参考までに、最初に私たちが想定していたイメージはこちらです。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

 

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑩ 後付け窓シャッター工事 14.0万円

 

賃貸の道路側の窓については、当初はシャッターをつけていませんでした。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

 

ただ、自分がこの賃貸に住むならシャッターがあった方がいいよな…と思ったので、設置を決めました。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

吹き出し

実は、外構工事の費用のうち、賃貸の方のためにしたことで結構費用かかっていたりするんです。。。まあ、この分は確定申告の際に控除できますが…

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑪ 左官補修費 3.3万円

 

左官補修費用というのは、隣の家の人との間にあるブロック塀の補修作業のことを指しています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

というのも、補修前はこのような形で、ブロック塀のコンクリートの内側が見えてしまっていました。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

これですと見栄え的にもよくないですし、かつ、ブロック塀が倒壊する危険性もある。

 

というわけで、補修を行いました。

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑫ 防草シート+砂利敷き 3.0万円

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

砂利敷きとと除草シートの施工部分は6.4㎡でした。

 

この部分については、自分で砂利や除草シートを買ってくれば、やろうと思えばできる作業です。

 

なので、コストダウンしたい場合は、自分でやるという選択肢があるのですが、私たちの場合はしませんでした。

 

  • 忙しく、自分たちで行う時間がなかった
  • 自分たちで行うには、砂利の購入から施工までと時間がかかりすぎる
  • 更に、この場所はとても狭いスペースなので、作業がしにくい

 

という観点から、「やってもらった方が断然らくちん」という結論を出し、外構工事で頼みました。

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑬ 植栽工事 4.4万円

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

植栽部分についても正直自分たちでやろうと思えばできる部分だと思います。

 

ただ、私たちの場合、なかなかここに割く時間はないだろうということで、外構業者に合わせてこちらもお願いしました。

 

費用の内訳としては、次のようになっています。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑭ 東側土留め工事 2.3万円

 

土留め(どどめ)工事というのは、次の部分で施工されたものです。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

土留めというのは、盛土などの崩壊を防ぐため、コンクリートブロックや石、現場打ちなどで「土を留める」ことを言います。

 

私たちの家は緩やかな坂になっていて、土留めを行った場所の境に、段差がありました。

 

なので、「土間コンクリート」と、「砂利敷き」の間に、土留めが必要だったわけです。

 

<目次に戻る>

 

 

外構工事の費用⑮ 諸経費 15.1万円

 

最後に、諸経費です。

 

正直、この諸経費というのは、外構業者によって何を入れるか異なると思います。

 

私たちの外構業者からの内訳は、次のとおりでした。

 

私たちの外構工事の費用詳細について

 

こんなかかるの?!とは思いましたが、まあこの辺りはしょうがないものとしてあきらめました。

 

吹き出し

以上が、外構工事の費用詳細についてです。後は、出精値引きが3.7万円がありました。

 

 

<目次に戻る>

 

 

わが家の外構工事の費用で、コストダウンできる場所があるとしたら…

 

例えばなのですが、お金がなく、このプランでコストダウンをかけるとすると…

 

まず、我が家の場合、賃貸の方のために施工したことが結構多かったと思います。

 

  • 目隠しフェンス
  • 宅配ボックス
  • 後付けシャッター 

 

この3つだけで合計43.8万円

 

この部分をなくせば(=賃貸の人の生活をあまり考慮しなければ)、109万円くらいまで落ちそうです。

 

後は、次のような点が考えられそうです。

 

 自分たちの家の化粧門柱を、機能門柱に変更する(約16万のコストダウン)

 

 化粧門柱から機能門柱に伴い、照明工事がなくなる(約5万のコストダウン)

 

 ゴミ置き場を作らない(2世帯だと実際そこまでいらないので。約6万円のコストダウン)

 

つまり、これらを考慮すれば、外構費用を80万円台にまで抑えることができたと思います。

 

吹き出し

あくまでタラればの話ですが、これから外構工事について計画する方には、参考になるかもしれません。

最後に、外構工事の計画を考えている方へ

 

家づくりでやはり大事なのは、相見積もりを取って比較をし、どの業者が安いのかを確認する必要があります。

 

吹き出し
吹き出し

私たちも合計で4社から取得をしました♪

 

 

こうした相見積もりを取るために、次のサービスは、外構業者を探す上で役立つと思います。

 

 

こちらは家のリフォームの見積もり比較のサービスですが、外構についても対応可能

 

このサービスでは、次のことが可能になります。

 

 時間を無駄にすることなく、効率的に見積もりを取得することが可能

 

 登録業者は審査を通過している外構業者のため、品質についても担保されている

 

 適正な相場での見積もりを得ることができる(ハウスメーカーのような高いマージンはない)

 

なお、このホームプロ 私たちの外構工事の費用詳細については、「運営会社が名だたる企業であること」や「これまでの利用累計者数実績」からも、安心して使うことのできるサービスと判断できます。

 

吹き出し

なお、名だたる企業というのは、次の4社です。

 

 

  • リクルート
  • 大阪ガス
  • NTT東日本
  • NTT西日本

 

また、累計利用者数は80万人以上利用満足度も90%以上と、非常に品質の高いサービスであると言えます。

 

なので、是非ホームプロ 私たちの外構工事の費用詳細についてを使って、おしゃれな外構つくりに役立ててみてください♪

 

吹き出し
吹き出し

というわけで、以上が私たちの外構工事の費用詳細についてでした!素敵でおしゃれな外構を、安く作るために参考になると嬉しいです♪