新築マイホームを建てたアラサー共働き夫婦の家ブログ

新築の家が建つまでの期間と流れ 。注文住宅で一番大事な時期・コト

 

家づくりを始めようと思った時に、気になるのがこれ。

 

 家づくりって何をどんな感じで進めればよいのだろう?

 

この記事では、そのような疑問を解決すべく、次のようなコトを書いています。

 

この記事に書いてあるコト

 

  • 家が建つまでの大体の期間
  • 具体的な全体の流れ・スケジュール
  • 私たちの場合はどうだったのか
  • 家を建つまでのスケジュールで、一番大事な時期とその理由
  • 大事な時期にするべきこと

 

では、どうぞご覧ください!

 

 

注文住宅で家を建てるときの期間は、人それぞれです。

 

みなさん、どの程度かかると予想していますでしょうか?

半年??1年??

 

一般的な話をすると、

 

 人ぞれぞれですが、7か月くらいから1年程度が家が建つまでの期間です。

 

吹き出し

期間の幅広くない?

 

吹き出し

でもそうとしか言えないからねー。みんなハウスメーカー・工務店を決めるまでの検討期間ってまちまちだしさ

 

 

キャンペーンやってます!と言われてすぐ決めてしまえば契約までの期間は1-2週間でしょう。

 

一方で、じっくり決める人は、半年たっても決められないかもしれません。

 

とは言っても、

 

 契約が決まってしまえば、後はみな大体同じスケジュール

 

です。

 

というのも、どこのハウスメーカーも、契約後のスケジュールは、典型的なパターンが用意されています。

 

打ち合わせは何回するのか、何を決めていくのか、ショールームはどこに行くのかetc.

 

そして、着工(家の工事が始まること)から竣工(家が完成すること)までの期間もある程度決まっています。

 

なので、契約前については人ぞれぞれだけど、その後は大体期間は同じなのです。

 

 

注文住宅で新築の家を建てる場合の、全体の流れと期間は、次のようなスケジュールになります。

 

では、全体像をこれから見ていきます。

 

まず、ハウスメーカー・工務店との家づくりの全体スケジュールは、どこも似たりよったりで、以下のような流れで進んでいきます。

 

# 月数目安 やること 具体的な例
0 0 – 3  事前準備
  • 家づくりの全般的な情報収集
  • 各ハウスメーカーの情報収集
  • 家を建てる土地について知る
  • 要望を整理する(部屋の数や、広さなど)
  • ショールームに行ってみる
  • 住宅展示場に行ってみる
1 1 – 3

ハウスメーカーの決定

  • 複数のハウスメーカーとやり取り・比較する(相見積もりを取る)
  • 間取り、金額について大まかに決める
  • 契約を結ぶ。着手金・契約金を支払う
2 2 – 3

ハウスメーカーと詳細打合せ

  • 間取りについて、詳細な部分を決める(キッチンの通路幅、窓の大きさ、階段幅、コンセントの位置etc.)
  • ショールームを訪問する
  • 設備(キッチンやバスルーム、照明など)の仕様について決めていく
  • デザイン(フローリングの色や素材、設備の色、クロスなど)
3 0

着工直前・着工日

  • 今まで決めてきたことをハウスメーカーと最終確認する
  • 地鎮祭を行う
4 4 – 5 着工から竣工までの間
  • 外構についての詳細を決定する
  • カーテンやブラインドについて具体的なメーカーや品番を決めていく
  • 新調する家具・家電を決める
  • 現場を訪問し、進捗を確認する
5 0

竣工後

  • 内覧会を実施し、家に問題がないかチェックする
6 0

引き渡し

  • 鍵を受け取る
  • 引越しをする
  • 施主で直接実施する場合、この後に工事(カーテン取り付け、外構、空調、照明など)

 

冒頭で書いた通り、#0と#1については、本当に人によります。

 

なので、結果として、冒頭で書いたとおり、

 

早い人であれば、7か月程度で、長い人であれば1年超

 

かかります。

 

ちなみに、これは土地を既に持っている人の話です。

 

吹き出し

土地をこれから買う場合は、希望の土地がすぐ出てくるとは限らないので、もう少し期間が長くなります。

 

 

私たちの場合は、土地探しを始め、家が建つまでの期間は約12か月でした。

 

ちなみに、私たちの場合をざっくり書くと、こんな感じです。

 

  • 2018年12月始めから土地探しを開始。
  • 2019年2月に土地の契約・ハウスメーカーの決定。
  • 2019年5月末に土地の引き渡し
  • 2019年6月末に着工
  • 2019年11月中旬に竣工
  • 2019年の11月末に家の引き渡し

 

具体的には、下の記事に書いてあります。

 

土地契約・ハウスメーカーの複数比較・決定(家を建てるためにしたコト①)
土地契約・ハウスメーカーの複数比較・決定(家を建てるためにしたコト①)
家づくりは急ピッチで進みます。ここでは、土地契約・ハウスメーカーの複数比較・決定について、実際に私達が家を建てるためにしたことを記事にしました。具体的な流れやす.....

 

吹き出し

私たちの場合は、運よくすぐに理想の土地が見つかったんです♪

 

 

注文住宅の家を建てる期間のうち、一番大事な時期は事前準備期間です。

 

というのもですね…

 

吹き出し
吹き出し

着工後は私達の方で家づくりに関わることは、ほとんどないんです!!

 

 

なので、良い家をつくるには、着工前までが勝負なのです。

 

でもって、着工前までにより良い結果を残すには、事前準備が何よりも大事です

 

もう一度言います。

 

 事前準備で家づくりの満足度が大きく変わります。

 

 

家を建てるために事前準備がとっても大切な理由

 

なぜ、事前準備が大事なのか。

 

理由としては2つあります。

 

  • 契約してから着工までの短期間で、決めることが多すぎる
  • 契約前の方がハウスメーカーからより大きな値引きを引き出せる

 

吹き出し

契約してから着工までの短期間で、決めることが多すぎる、とはどういうこと?

 

 

事前準備が大切な理由① 契約してから着工までの短期間で、決めることが多すぎる

 

1. 契約後は、家を建てるための打合せ・決めることがたくさんあります。

 

どこのハウスメーカーも契約後から着工前までの打ち合わせ回数は、

 

 平均して7-10回程度。

 

吹き出し

これ、2か月から3か月の間の打ち合わせの回数ですよ。。。

 

ちなみに私たちの場合は…

 

  • 契約後から着工前までの打ち合わせ11回
  • 契約前のハウスメーカーとの打ち合わせは、6回。
  • 1回当たりの平均的な打合せ時間は、5時間
  • 11回は、2019年の3月中旬から6月中旬の3か月の間に行われました
  • 事前打ち合わせの6回は、2019年1月中に全て行われています。

 

これどういうことかというと、ほぼ毎週週末に打合せがあるんです。

 

休みの1日がほぼ打合せで潰れます。

 

そして、朝9時から始めて、14時までお昼も食べずにノンストップでやる。

 

もしくは、14時位から始めて、20時くらいまでぶっ通しでやる。

 

こんなのが多かったです。

 

さらにさらに、打ち合わせでは、決めること、多々あります。

 

 設備(キッチン・お風呂・洗面台等)の仕様確認・決定

 

 デザインの決定(フローリング、クロス等の色を)

 

 間取りの変更・決定etc…

 

吹き出し

打合せだけで決めきれないことって多いです。結構選ぶのって迷うんですよね…

 

結果、打ち合わせ以外でも家に持ち帰って考えたり、ショールームに行って比較してみたり、という時間も取られます。

 

学校に例えるなら、

 

 打ち合わせ = 授業

 

 ショールーム訪問・自宅で考えること = 予習・復習・宿題こなす

 

みたいな感じですかね。

 

2. 家を建つまでの期間、特に着工前は、付随してやることもたくさんあります。。

 

そして、家づくりって打合せ以外でやらなければいけないことも結構多いんです。

 

 

吹き出し
吹き出し

契約書作成したり、住宅ローン組んだりと、結構時間取られます!

 

更に、古い家を建て替える方。

 

この間に、仮住まいを探して、引っ越しの準備もしないといけないですよ。

 

3. 家が建つまでの期間のうち、着工前はかなりバタバタします。

 

ようはですね。。。

 

 週末の時間や、仕事終わりの時間を、家づくりに全て取られるのです。

 

そしてそれだけ時間を取ったとしもですね。。。

 

 その時間でちゃんと納得した決定をできるかどうかはわからないのです。

 

この期間、本当に、吐きそうになります。

 

 

吹き出し

というか、吐きます。変な夢を、何回も見ましたし。。。

 

 

吹き出し

私もかなりの疲労感があったなー。結構ストレスになっていたかも。

 

後から聞いた話です。

 

家づくりって「夢のマイホームを持てる」と思うかもしれませんが、結構体調崩す人多いようです。

 

お金のこともありますしね。。

 

つまり、まとめるとこういうことなんです。

 

  •  事前準備をしっかりしておかないと、結構大変だし、このスピード感についていけない可能性が高い

 

ついていけないとどうなるか、わかりますか?

 

 中途半場な家になります満足度も少なくなります。

 

じゃあ、打合せの期間をもっと長く確保すればいいんじゃない?

 

と思うかもしれませんが。。

 

4. ハウスメーカー・工務店との契約後は、家の引き渡しの日程・打ち合わせスケジュールをを簡単に変更できません。

 

彼等には、会社としての営業ノルマがあり、利益目標があります。

 

私達との契約というのは、その利益目標の一部なのです。

 

また、この契約数や着工・竣工の数というのは、彼らのインセンティブボーナス(変動ボーナス)に直結していることが多いのです。

 

ようは、打合せ期間を延ばしてゆっくりやるというのは、彼らの身銭を切ることに

 

会社の中で有能な人間というのは、絶対にそんなことはしません

 

有能でない人間は、延ばすことができるかもしれません。ただ、そんな人たちが担当についたら、家づくりそもそも満足できませんよ。

 

そして、ハウスメーカーは数多くの顧客を抱えています。

 

工事も同時並行して行われるので、打合わせ期間を変えられると、ハウスメーカーとしても全体の工事計画を変更しなければなりません

 

結局は、お客様一人一人の都合に合わせて期間を変えるのは、

 

 ハウスメーカーにとって、非効率であり、意味のないこと。

 

なので、契約後から着工までの期間というのは、

 

 自分達でコントロールできないもの、と思っていた方が良いのです。

 

 

事前準備が大切な理由② 家を建てる期間のうち、契約前がハウスメーカーからより大きな値引きを引き出せる

 

もう一つの理由ですが、これは当たり前の話ですよね。契約前の方が一般的に割引率がは高くなります。

 

吹き出し

そりゃあ、ハウスメーカーは契約を取りたいですからね。。。

それに、契約を取ってしまえば、その後キャンセルされることも圧倒的に少なくなりますしね。。

 

つまり、この契約を取り交わす際に、重要なことが、何度も言いますが、

 

 事前準備をして、自分の希望を可能な限り全て網羅し、見積もりに反映させることが大事なんです。

 

 

でも、着工前までの期間に、事前準備は何すればいいのだろう…

 

そう思う方が多いでしょう。

 

安心してください。

 

このサイトで、最低限考えておいた方が良いことは記事にします。

 

1. 準備期間に、家を建てるためにしなければいけない4つのこと。

 

やることはたくさんあるとは思いますが、ざっくりと表すと、4つです。

 

  1. 土地のポテンシャルを知ること(土地についての知識はこちらで確認できます)
  2. どんな家が欲しいか、整理し、優先順位をつけること
  3. 自分の出せる金額を把握しておくこと(MAXで出せる額生活的に苦しくない範囲で返せる額の2つを計算する)
  4. 三種の神器(三角スケール、メジャー、フリクション)+ できればマイホームデザイナーを用意すること

 

これらを準備しておけば、ある程度は対応することができます。

 

こちらの詳細については、次の記事をご確認下さい。

 

理想の家を建てるための、手順・順序について!こだわりの家を実現する方法とは?
理想の家を建てるための、手順・順序について!こだわりの家を実現する方法とは?
理想の家づくりをするために必要な「事前準備」についての記事です。この中では事前準備でも特に重要な「要望整理」について、「整理すべき4つのこと」と「整理するための.....

 

3Dマイホームデザイナーはおすすめの間取りシミュレーションアプリ!注文住宅の救世主です♪
3Dマイホームデザイナーはおすすめの間取りシミュレーションアプリ!注文住宅の救世主です♪
家づくりの救世主、3Dマイホームデザイナー。注文住宅の間取りシミュレーションアプリとしては、コスパ抜群!ここでは、どのようにこのアプリが役立つのか、私たちが実際.....

 

注文住宅で理想の家を建てる!家づくりでの「3つのマストアイテム」とは?
注文住宅で理想の家を建てる!家づくりでの「3つのマストアイテム」とは?
「理想の家」を建てたいと誰しも思うもの。家づくりにも「三種の神器」があり、まず家づくりを始める前に揃える必要があります。この記事で「3つのマストアイテム」と「そ.....

 

 

2. 事前準備の段階で予算は決める必要はないですが、自分が払える金額は確認しておいた方が良いです。

 

最後に、予算の話です。予算については、注文住宅を建てるにはいつ頃決めればいいのでしょうか。

 

よくサイトを見ていると、事前に予算も決めましょう、と良く書かれている記事を見かけます。

 

私たちは、この書いている人たち、家づくりのことわかっていないなと思っています。

 

考えてみてください。

 

自分が要望を叶える家が、どれくらい金額するか想像つきますか?

 

2000万?3000万?

 

正解は、

 

 人それぞれ。

 

吹き出し

注文住宅ですから、正解はないんです。

予算をハウスメーカーに言ったら、その金額に合わせた仕様のもので見積もり書を作成されちゃいますよ。。

 

ちなみに、皆さん坪単価、という言葉を聞いたことあると思いますが、これ、

 

 ハウスメーカーが使っているものは、全くアテになりません。

 

だって、各社それぞれ定義違うし、自分達の都合のいいように言ってますからこちらで坪単価については考察をしています。

 

坪単価で参考になるとすれば、次の2つ。

 

  • 住宅着工統計
  • 住宅金融支援機構の調査

 

ちなみに、この調査を使って、こちらで建築費用の平均について記事にしています。。

 

ですが、これらもあくまで平均的なもの

 

なので。自分が建てたい家にそのまま当てはめることなんてできません。

 

ただし上の事前準備に書いた通り、自分が家づくりに出すことのできる金額だけは、事前に考えておいた方が良いです。

 

結局ですね。結論としては、こういう順番が理想的なのです。

 

  1. 事前準備をしっかりやる
  2. 自分が要望を出し切った後で、相見積もり(複数のハウスメーカーに見積もりを取ること)を取る
  3. 相見積りで出てきた金額と、自分が当初考えていた金額を比較する
  4. 金額のバランスを考えて要望の足し引きをする、かつ値引き交渉をし、ハウスメーカーを決める

 

相見積りって結構一つ一つ確認するので面倒ですが、今は一括比較もできる時代なんで、とっても楽にできますよ。

 

例えば、タウンライフ家づくりではほとんどのハウスメーカー・工務店を網羅しています。

 

このようなサイトで相見積りすれば、楽に比較を進めることができます。

 

吹き出し

ちなみに、私たちはインターネットで探してから、興味のある土地に問い合わせをしましたよ。一括で土地を探せるなんて、知りませんでしたし…

具体的な私たちの体験談は、こちらに記事にしているので、興味があったら読んでみてください!

 

と、以上が新築の家を建てるまでの期間についてと、この期間の中で大事なことや理想的なスケジュールについて書いてきました。

 

こちら参考になれば幸いです!!