住宅ローンの借り換え手数料はいくらかかる?【他の諸費用も要注意】|新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ
新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ

住宅ローンの借り換え手数料はいくらかかる?【他の諸費用も要注意】

 

吹き出し

住宅ローンの借り換えの手数料はどの位かかるのかしら?

 

吹き出し

手数料以外にも費用はかかってくるのかな。事前に把握しておかないと…

 

 

マイホーム購入で多くの方が利用する、住宅ローン。

 

住宅ローン金利は以前と比べ、圧倒的に下がっています

 

吹き出し
吹き出し

今では変動金利ですと、0.3%台での商品も登場していますしね。

 

なおかつ、「がん保障」や「疾病保障」など、保障が充実した住宅ローンも数多くあります。

 

ですので、以前に住宅ローンを組んだ方が思うのは、これです。

 

 借り換えした方がお得なのでは?

 

そして、お得なのかを確認するには、「借り換えすると、どの程度返済額が減るのか」の計算が必要。

 

住宅ローンの借り換えを失敗しないための注意点とは?【計算が大事】
住宅ローンの借り換えを失敗しないための注意点とは?【計算が大事】
最近の住宅ローンは、金利も低く、保障も充実。ですので、借り換えを検討されている方は多いと思います。この記事では、借り換えを失敗しないための注意点をまとめました。.....

 

そして、この計算をする上で、手数料を含めた「諸費用」の把握は大事です。

 

吹き出し

というわけで、今回は借り換えをする際、手数料や、諸費用はいくらかかるのかまとめました。

 

 

ちなみに、モゲチェックなどの計算シミュレーターでは、簡単に削減額の計算が可能です。

 

 

 

 

住宅ローンの借り換え手数料はいくらかかる?【他の諸費用も要注意】

 

実際、住宅ローンの借り換え時には、手数料以外にも、諸費用が結構かかります

 

吹き出し
吹き出し

具体的には、次のとおりです。

 

 

借り換えにかかる諸費用一覧

 

  • 事務手数料
  • 保証料
  • 収入印紙
  • 司法書士費用
  • 抵当権抹消費用
  • 抵当権設定費用
  • 一括返済手数料
  • その他細々した諸々の費用(コピー代や謄本取得費用など)

 

この中で一番かかってくるのは、「事務手数料」もしくは「保証料」。

 

そして、次にかかってくるのが、「抵当権設定費用」や「司法書士費用」です。

 

吹き出し

それでは、早速一つ一つ見ていきます。

 

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用① 事務手数料

 

事務手数料とは、その名の通り、住宅ローンにかかる手数料です。

 

吹き出し

実は、事務手数料は保証料と関連があります。

 

吹き出し

ですので、事務手数料は保証料とセットで考えると良いです。

 

 

事務手数料は、大体次のような設定にしているところが多いです。

 

  • 保証料を銀行側が負担する場合:借入金額 × 2.2%(2.0%+消費税)
  • 借主保証料を手数料とは別に支払う場合:3.3万円 ~ 11.0万円(税込)

 

例えば、2.2%の場合、借入金額2000万円で「44万円」、3000万円で「66万円」です。

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用② 保証料

 

吹き出し

そもそも保証料って何?と思うかもしれないので、簡単に説明します。

 

 

住宅ローンの保証料とは?

 

  • 一言でいうと、「保証会社に支払うお金」のこと。
  • 保証会社は、万が一住宅ローンの借主(債務者)が返済不可になった場合、住宅ローンの残金を肩代わりして銀行に払ってくれます。
  • そして、保証会社は、銀行の代わりに債権者となり、債務者に対して必要な措置を行います(家の差し押さえ、競売の実行等)。

 

 

つまり、銀行が万が一の時のために持っている、保険のようなものです。

 

吹き出し

この保証料は、支払い方法は3パターンあります。

 

 

  • 銀行が自ら保証会社に保証料を払う=この場合、事務手数料は大抵「借入金額 × 2.2%
  • 借主が住宅ローン借入時に一括して支払う=事務手数料は3.3~11.0万円程度
  • 借主が住宅ローンの金利に上乗せ(大抵0.2%)=事務手数料は3.3~11.0万円程度

 

なお、一括支払いの保証料の場合、条件・銀行によって支払い額は異なります

 

例えば、みずほ銀行で借入金額1000万円の場合、一括支払いの保証料は次のとおりです。

 

引用元:みずほ住宅ローン商品概要
期間 保証料
(元利均等返済)
保証料
(元金均等返済)
5年 45,800円~160,290円 43,060円~150,640円
10年 85,440円~299,090円 76,060円~266,330円
15年 119,820円~419,450円 102,100円~357,370円
20年 148,340円~519,280円 122,770円~429,670円
25年 172,540円~604,060円 139,300円~487,630円
30年 191,370円~669,820円 152,750円~534,600円
35年 206,110円~721,470円 163,720円~572,930円

 

このように、保証料一括支払型の場合、審査前に支払い金額を予測することが難しくなっています。

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用③ 収入印紙

 

収入印紙は、住宅ローンでの金貸借消費契約で必要になります。

 

いくら収入印紙を使わなければいけないかは、法律に基づいて決まっています。

 

以下が、その区分けです。

 

引用元:国税庁ホームページ
# 契約金額 収入印紙代
1 1万以上 10万以下 200
2 10万超 50万以下 400
3 50万超 100万以下 1,000
4 100万超 500万以下 2,000
5 500万超 1千万以下 10,000
6 1千万超 5千万以下 20,000
7 5千万超 1億円万以下 60,000

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用④ 抵当権抹消費用

 

抵当権というのは、簡単に言うと、「優先的に弁済を受ける権利のこと」です。

 

銀行側は貸したお金が返ってこないと困るので、万が一のことを想定し、リスクヘッジをしています。

 

「保証会社の利用」もその一つですが、この「抵当権設定」も、リスクヘッジの1つです。

 

吹き出し

この抹消は、前の銀行が持つ抵当権を削除することです。

 

吹き出し

実は、抵当権には順位があります。住宅ローンを貸す銀行は、順位が「1番」であることを、貸出の条件にしているのです。

 

つまり、前の銀行の抵当権を削除しないと、「1番」は前の銀行のまま

 

新しい銀行の順位は「2番目」なので、貸出条件を満たさないわけです。

 

吹き出し
吹き出し

不思議ですが、抵当権は、返済が完了しても、自動的に消えるものではないんです。必ず自分で登記申請をして、削除しないといけません。

 

 

というわけで、抵当権抹消申請が必要となりますが、この費用は、1登記当たり1000円

 

通常、建物と土地それぞれに抵当権を設定しているので、「1000円 × 2登記 = 2000円」が必要な費用となります。

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用⑤ 抵当権設定費用

 

この設定費用は、借り換えを行う銀行の抵当権設定費用です。

 

  • 借入金額 × 0.4% = 抵当権設定費用

 

例えば、借り換え金額が2000万の場合は8万円、3000万円の場合は12万円です。

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用⑥ 司法書士費用

 

司法書士費用は、次の2つの抵当権設定で必要になります。

 

  • 抵当権抹消費用
  • 抵当権設定費用

 

住宅ローンの借入の場合、基本は「銀行が指定する司法書士」を利用しなければなりません。

 

司法書士費用は、次の金額がそれぞれ相場と言われています。

 

 抵当権抹消は1~2万円程度

 抵当権設定は6~10万円程度

 

吹き出し

参考までに、私たちが新規借り入れした時の抹消・設定費用をお話しますと…

 

吹き出し

司法書士への報酬は、抹消登記時が1.2万円、設定登記時が10.9万円でした。

 

 

ただ、設定登記時にはその他の登記も行っているので、設定登記だけで考えると、もう少し安いはずです。

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用⑦ 一括返済手数料

 

多くの銀行では、「一括返済するときは、手数料○○円もらうよ」とルールを定めています。

 

例えばですが、今のみずほ銀行の住宅ローン商品の場合、手数料は3.3万円です。

 

吹き出し
吹き出し

この辺りは契約した時の条件によって異なりますので、契約内容の確認が必要です。

 

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンの借り換え費用⑧ その他もろもろの費用

 

最後に、その他もろもろの費用というのは、各種手続きに関する細々とした費用です。

 

例えばですが…

 

  • 借り換え審査申し込みに必要な公的書類(住民票等)の取得代や、コピー代
  • 司法書士から請求される、交通費謄本取得代
  • 司法書士へ報酬を払う際の振込手数料

 

吹き出し
吹き出し

この辺りはそこまで大きな費用ではないので、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんが…

 

 

<目次に戻る>

 

 

手数料の計算は、シミュレーターが便利

 

というわけで、以上が諸費用として支払う必要のある費用です。

 

これらをきちんと網羅して計算していけば、借り換えがお得なのかどうか、正確にわかります。

 

吹き出し

ですが、自分で計算し、シミュレーションするのは結構面倒です…

 

 

実は、この面倒さは、インターネット上の「計算シミュレーター」を使うと解消します。

 

例えば、モゲチェックの計算シミュレーターは便利。

 

吹き出し

諸費用を含めた上で返済額を減らせるかどうか、5秒で確認が可能です。

 

住宅ローンの借り換え手数料はいくらかかる?【他の諸費用も要注意】

 

ちなみに、このシミュレーターでは、保証料の戻りは含まれていないです。

 

そのため、戻りがある場合は、ここに出た金額よりも、返済額を更に減らせることになります。

 

なお、このモゲチェック住宅ローンの借り換え手数料はいくらかかる?【他の諸費用も要注意】に申し込むと、より具体的な内容が分かります5分で申し込み可能)。

 

そして、アドバイザーに相談することもでき、次の3つも代行してくれます。

 

  • ローンの選択(条件の良いローンを選択)
  • 申し込み
  • 事前審査承認の取得

 

これらは勿論、全て無料ですし、金利に上乗せされる心配もありません。

 

ですので、手間をかけずに借り換えをするための、良いサービスであると言えます。

 

というわけで、以上が住宅ローンの借り換え手数料とその他の諸費用のお話でした。

 

吹き出し

住宅ローンの諸費用は分かりにくいように見えるのですが、実はそこまで項目が多いわけではありません。

 

吹き出し

借り換えを考えている方は、計算をし、メリットがありそうであればぜひ行動に移してくださいね。