【簡単に解説】住宅ローン審査の信用情報とは?【奨学金はバレる?】|新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ
新築マイホームを建てた共働き子育て夫婦の家ブログ

【簡単に解説】住宅ローン審査の信用情報とは?【奨学金はバレる?】

 

分かっているようで、分からない、「個人信用情報」。

 

私たちも正直、信用情報が調べられるのは知っていましたが、具体的な内容は知りませんでした。

 

吹き出し

いったいどんなことが信用情報には載るのかしら?

 

吹き出し

何か不利になるようなことを、銀行に調べられていないよな…?

 

 

住宅ローン借入できないと、多くの人は家を建てることができません。

 

ですので、自分に少しでも不利になりそうなことは、より理解しておきたいもの

 

吹き出し
吹き出し

ということで、今回は住宅ローン審査で使われる、信用情報についてまとめました。

 

 

著者かんたんプロフィール

 

  • 賃貸併用住宅の家を建て、不動産収入のある共働き夫婦。
  • 夫は米国公認会計士で、妻は2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • お金に関して少し得意な夫婦が、協力して記事を執筆中。

 

 

※ 【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービス
こちらの記事で私たちが紹介しているサービスは、住宅ローン選びに役立つかもです。なお、既に借入先を決めた方は、見ないでください。「使っておけばよかった」となると困るので…

 

 

 

 

【簡単に解説】住宅ローン審査の信用情報とは?【奨学金はバレる?】

 

住宅ローンでの個人信用情報とは、次のことを言います。

 

  • 住宅ローン審査申込した人の他の借入状況や、過去の返済履歴のこと。

 

仮審査を行う際、私たちは、「他の借入状況」について、自己申告をします。

 

吹き出し
吹き出し

ですが、その他の借入状況も、その返済履歴についても、銀行は自分で調べることができてしまうんですね。

 

これは、住宅ローンだけの話ではないのですが…金融機関がお金をが貸す時、必ず相手の「信用情報」を確認します

 

貸してはいけない相手に貸すのを防ぐため

 

これが、一番の目的です。

 

ですので、世の中には、この「個人信用情報」を参照できる仕組みが作られています。

 

吹き出し
吹き出し

簡単に言うと、次のような仕組みです。

 

 

個人信用情報を参照できる仕組み

 

  • 銀行・クレジットカード会社などの金融機関は、信用情報機関に加盟している
  • その信用機関のデータベースに、金融機関は貸出先(私たち)の借入情報を登録している。
  • 加盟会社はそのデータベースを見ることが可能。なので、審査の段階で、データベースを参照し、個人の信用情報を確認する

 

これが、一連の流れです。

 

ちなみに、「奨学金の場合、どうなの?銀行は借りてる金額とか分かるの?」と思う方多いと思いますが…

 

 「返済遅延」していなければ、銀行は奨学金の情報を把握できない

 

これが結論です。

 

吹き出し

銀行は調べれば分かるので、奨学金借りてたら借入状況に書いて下さいね。

 

 

私たちがやり取りした、とある銀行の担当者はこう言ってきました。

 

が、これは「はったり」なので、だまされないようにすべきです。

 

この辺りは、この記事の後の方でもう少し細かく見ていきます。

 

<目次に戻る>

 

 

個人信用情報を扱う機関について

 

というわけで、個人の信用情報を扱う機関について、簡単にお話します。

 

 

信用情報を扱う機関は3つだけ

 

実は、日本には個人信用情報が登録される機関は3つだけ。

 

ある程度、すみ分けもされています。

 

 

<目次に戻る>

 

 

具体的に登録されている信用情報

 

吹き出し

どのような私たちの情報が登録されているのか、気になりますよね。

 

吹き出し

実際に、各機関は主には次のような項目を、データベースに持っています。

 

 

登録されている情報

 

  • 本人の情報(氏名・生年月日・住所・電話番号等)
  • 取引情報(ローン等の契約内容と、その返済履歴など)
  • 照会情報(加盟会社や本人が、信用情報を見た場合の閲覧履歴)

 

ようは、借入返済の滞納や遅延が起こると、この「取引情報」に登録されてしまう可能性があるんです。

 

<目次に戻る>

 

 

どれくらいの期間記録が残るのか?【保存期間は注意】

 

そして、この信用情報は、記録の保存期間が各機関ごとに決められています

 

吹き出し
吹き出し

正直、この3機関とも期間は同じですが…

 

 

具体的には、次の通りです。

 

  • 本人の情報:取引情報が登録されている期間
  • 取引情報:契約期間中及び契約終了後5年以内
  • 照会情報:基本6か月以内。ただ、KSCの場合は、本人が照会した場合は1年以内

 

ちなみに、以下のリンクから、直接「登録内容」と「保存期間」については確認できます。

 

 

<目次に戻る>

 

 

【銀行は何を判断している?】返済比率と支払い能力

 

銀行が一番避けなければいけないのは、上の方でも書いたとおり、これです。

 

 貸してはいけない相手に貸すのを防ぐこと

 

更に言うと、「貸すとしても、貸せる以上の額を貸す」ことも、絶対に避ける必要があります。

 

そのために、銀行は、この個人信用情報を使い、次のような点を見ています。

 

 

銀行が確認していること① 返済比率

 

個人信用情報を見れば、「どれだけ他で借入しているか」が分かります。

 

例えば…

 

  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ショッピングローンなど…

 

これが何に関わってくるかというと、「返済比率」です。

 

他に借入がある場合、その他の借入も含めて、「返済比率」が見られます。

 

つまり…

 

 他に借入がある場合、住宅ローンの借入可能額は低くなる

 

そして、最悪のケースは、「他で借入が多いから、住宅ローンの貸し出し不可」となりえます。

 

<目次に戻る>

 

 

銀行が確認していること② 支払い能力

 

銀行は、「返済履歴」を見て、相手の支払い能力を確認します。

 

具体的に言うと…

 

  • 過去の借入の返済で、遅延や延滞がなかったかの履歴
  • 過去どのような金融機関から借りたかの履歴

 

これ情報を見て、銀行は何を確認しているかというと…

 

「クレジットカードの支払いなどで、遅れはなかったか」

 

「過去キャッシングなどでの借り入れはないか」

 

吹き出し

住宅ローンは、こうした借入よりもずっと大きな金額になります。

 

吹き出し

ですので、この辺りについて問題ないかを必ず確認し、問題があれば、即刻「アウト」になるわけです。

 

 

<目次に戻る>

 

 

どの銀行に住宅ローン審査を申し込んでいるか

 

これは、補足的な情報なのですが…

 

吹き出し
吹き出し

保存期間のところにも書いたとおり、照会記録の保存期間は半年~1年間です。

 

 

つまり、これが何を意味しているかというと…

 

  • 複数の銀行に住宅ローン審査を依頼した場合、後に依頼した銀行は、どこに審査を依頼したかが、わかってしまう

 

例えば、A銀行、B銀行、C銀行の3行に審査を依頼したとします。

 

A銀行→B銀行→C銀行の順で、個人信用情報の照会をかけたとしましょう。

 

そうすると…

 

  • A銀行:申込者が他のどの銀行に住宅ローン審査を出しているか分からない
  • B銀行:申込者がA銀行に住宅ローン審査を出していることが分かる
  • C銀行:申込者がA銀行、B銀行に住宅ローン審査を出していることが分かる

 

このように、なるわけです。

 

正直、これは、どう銀行の審査に響くかは分かりません。

 

吹き出し

A銀行って、利率うちとそう変わらないし、負けるかも。勝つために、希望融資額どおりに承認しようか…

 

 

となるかもしれませんし、逆に…

 

吹き出し

めちゃくちゃ色んなところに審査出してるじゃん…うちは希望融資額より低く出そうかな…

 

 

このように思われてしまうかもしれません。

 

<目次に戻る>

 

 

住宅ローンを借りる時に【問題】になる信用情報とは?

 

というわけで今までの内容で、銀行の視点が分かったのではないかと思います。

 

そこで、次に、どういった個人信用情報が審査で【問題】になるかをもう少し具体的にいくつか見ていきます。

 

 

滞納・遅延が過去にあった場合

 

例えば、クレジットカードの引き落とし日に間に合わず、期日どおりに支払いできなかった場合。

 

吹き出し

こんなことが一回でもあったら、信用情報に遅延や延滞が載ってしまうの?

 

 

正直に言うと、この辺りに明確なルールというのは存在せず、各社の判断に任されています

 

つまり…

 

 厳しい会社の場合:1回でも遅延があると情報が登録されてしまう

 

なお、一般的に言われている基準は、次のとおりです。

 

  • 返済日から61日以上支払遅延している
  • 複数回期日までに支払いがされなかった

 

ちなみに、「遅延や延滞の登録=事故情報(ブラックリスト入り)」ということになり、住宅ローンの借入は難しくなります。。。

 

吹き出し

まあ、普通に生活している人は、この辺りは問題ないと思いますが…

 

 

<目次に戻る>

 

 

その他に借りている債務が多い場合

 

自動車ローンや教育ローンなどは、分かりやすい借入の例かと思います。

 

吹き出し
吹き出し

ただ、これ以外にも、様々なことが「借入」として情報登録されています。

 

 

登録されている信用情報の一例

 

  • ショッピングローン(セディナなどの分割ローン)
  • Iphoneなどスマートフォンの本体を分割払いしている場合
  • カードローン
  • クレジットカードでのキャッシングetc.

 

勿論、借りれる範囲で借り、生活に支障がないのであれば問題ありません。

 

ですが、このように他で借入していれば、住宅ローンの借入可能額は、必ず少なくなります

 

そして、「他で借りている額が多すぎる」となると、最悪は、住宅ローン審査で落ちます

 

<目次に戻る>

 

 

消費者金融からの借入がある場合

 

銀行によっては、【消費者金融から借入している・していた】こと自体がアウト、とルールを設けているところもあります。

 

吹き出し

通常、借入をしている場合は、何らかの目的があると思います。

 

吹き出し

一方で、消費者金融からの借入は、目的が「不明確」とみなされるんです。

 

 

それに、「消費者金融」自体が、ネガティブな印象を与えます

 

例えばですが…

え、消費者金融に借りなきゃいけない程生活困るってどういうこと…?もしかしてギャンブルに使ってる?!

 

 

結局、住宅ローンを審査するのも「」です。

 

客観・中立的に判断するのは当たり前なのですが、やはりそうは言っても、印象は審査に影響を与えてしまいます

 

<目次に戻る>

 

 

【基本はバレない】奨学金の返済残高について【滞納はダメ】

 

そして、多くの人に関わってくるのが、「奨学金の取り扱い」だと思います。

 

吹き出し

私も住宅ローン借入時には奨学金の残が残っていました。

 

 

そもそもの話として、「奨学金があっても住宅ローンは借りれる?」という部分だと思いますが…

 

 何ら問題なく借りれます

 

では、奨学金と個人信用情報について、少しお話します。

 

 

日本学生支援機構はKCSに加盟している

 

実は、日本学生支援機構は全国銀行個人信用情報センター(KSC)の会員です。

 

ですので、日本学生支援機構は、奨学金情報を登録しようと思えばできてしまいます

 

<目次に戻る>

 

 

日本学生支援機構の信用情報に対するポリシー

 

吹き出し
吹き出し

ですが、日本学生支援機構は、登録についてポリシーを定めています。

 

 

日本学生支援機構のポリシーを見れば内容細かく書いてあります。

 

重要な点のみ言うと、次のとおりです。

 

  • 延滞3か月以上の場合にのみ、「延滞者」として信用情報が登録される

 

吹き出し

つまり、「延滞しない限り、登録はされない」ということなんですね。

 

 

これが、【基本はバレない】【滞納はダメ】と書いた理由です。

 

<目次に戻る>

 

 

銀行が見破れるのは、2パターンのみ

 

ですので、まず銀行が奨学金を借りている、と把握できるのは「奨学金の延滞者」が1パターン目。

 

吹き出し

もう1パターンは、何か分かりますでしょうか?

 

 

実は、とっても単純なお話でして…

 

  • 奨学金の引き落とし口座が登録されている銀行

 

これは、当たり前の話ですよね。

 

なので、延滞をしていない場合、多くの人は「1つの銀行しか奨学金を借りているか見破れない」ということになります。

 

吹き出し

私の場合は、途中で返済口座を変えたので、最大2行が見破れることができました。

 

<目次に戻る>

 

 

奨学金の有無は【聞かれたら報告】のスタンスでいい

 

以上のことから、冒頭にも書いたこの言葉は、「はったり」ということが分かります。

 

吹き出し

銀行は調べれば分かるので、奨学金借りてたら借入状況に書いて下さいね。

 

 

そして、これは私たちの意見というか、ポリシーなのですが…

 

  • 聞かれないことはあえて自分から話す必要はない

 

その他の借入は、何かしら審査に影響するのは間違いないです。

 

ですので、できれば「不利な情報」は、自ら流すべきではありません。

 

勿論聞かれたら答える必要がありますが、聞かれなければ敢えて「言わない」ことも重要だと思います。

 

吹き出し

でも、後日万が一銀行に聞かれたらどうするの…?

 

 

その時は、正直に「奨学金の返済あります」と言えばいいだけです。

 

吹き出し
吹き出し

なぜなら、審査の時点では「奨学金が借入だと思わなかった」だけなので…

 

それに、仮審査で銀行から問い合わせがなかったとすると、それは、「銀行の確認ミス」だと思います…

 

<目次に戻る>

 

 

奨学金があった私たちの場合【結論:何も言われない】

 

吹き出し

先ほどもお伝えしたとおり、私は奨学金の返済が審査当時、残っていました。

 

 

そして勿論、私たちの対応方法は、「聞かれれば答える」ということでした。

 

例えばですが…

 

  • 対面式の場合、担当者に聞かれれば答える
  • ネット銀行の場合、記入ルールに「奨学金」について触れていれば答える

 

このような形です。

 

なぜこのようにしたかというと…

 

吹き出し

私の場合、返済残がそもそも少なく、無利子。いつでも一括返済もできるレベルでした。

 

 

そして、実際に「奨学金がある」言ったのは、仮審査を申込みをした銀行のうち、大体3~4割でしょうか。

 

吹き出し

ちなみに、審査結果に奨学金が影響している感じはなかったです。

 

 

そして、特に奨学金について報告しなかった銀行についてですが…

 

吹き出し

何か後日奨学金について聞かれる、ということは一切ありませんでした。

 

 

<目次に戻る>

 

 

個人信用情報に不安がある方の対処法

 

というわけで、以上は個人信用情報に関するおおまかなまとめです。

 

最後に、信用情報に不安がある方に向けて、いくつか対処方法をお話しします。

 

ただ、正直な話、そこまで良い方法があるわけではないです。。。

 

 

【まずは開示請求】ただし照会履歴は残るので注意

 

まず、過去に延滞してしまい、何か不利になることが登録されているか不安な方は…

 

吹き出し
吹き出し

まずは、自分の信用情報を調べることをおすすめします。

 

 

というのも、個人信用情報は、自分についての情報を調べることは可能だからです。

 

ただし、一つ注意点があります。それは、

 

 記録照会の履歴は残ります

 

上の方でもお伝えしましたが、KSCは1年以内、CICとJICCは6か月以内の間、記録が残ります。

 

なぜ注意した方がいいかと言いますと、「銀行に記録を照会したことがバレる」からです。

 

実際、履歴があると、銀行はこのように思います

 

吹き出し

この人、過去に何か返済遅れたこととかあったのかな…?怪しいぞ…

 

 

というわけで照会した方は、照会してから1年間は、住宅ローン審査を行わないことをおすすめします

 

<目次に戻る>

 

 

「事故情報」がある場合は、消えるまで待つべき

 

次に、万が一「事故情報」が載ってしまっている方の場合…

 

 事故情報が消えるまで住宅ローン審査はやめましょう

 

軽微なものや、もう何年の前の場合、住宅ローンは借りれる可能性はあります。

 

吹き出し
吹き出し

ですが、条件が不利になってしまうのは間違いありません。

 

 

ちなみに、事故情報が消えるのは、「そのローンが終了してから、5年以内」。

 

つまり、ローン完済後、最長5年間は記録が残る可能性があるわけです…

5年も待たなきゃいけないって、その間に歳とって、借入できなくなっちゃうよ…

 

このように思うかもしれませんが、やってしまったことは仕方がありません

 

吹き出し

こうしたことを見ると、借入の延滞や滞納はいかに罪が重いか分かります…

 

吹き出し

ですので、そもそもの話ですが、延滞や滞納は絶対に避けるべきこと、とも言えます。

 

 

<目次に戻る>

 

 

「事故情報」があって借りたい場合は、銀行の印象を上げるべき

 

どうしても記録が消えるまでを待てない場合。

 

この場合は、少しでも「銀行の印象」を上げる行動をすべきです。

 

例えばですが…

 

  • 頭金や現在の資産を伝えて、今は問題ないことをアピールする
  • 銀行が信用情報を照会する前に、過去にあった延滞を、自分から正直に伝える
  • 延滞がどうしてもやむをえないことだったとアピールする
  • 借入などがまだある場合、一括返済するなどの姿勢を見せる

 

勿論、こうしたことをしても審査で落ちる可能性は高いです。

 

そして、審査に受かっても「条件が不利」である可能性は高いです。

 

吹き出し
吹き出し

ですが、印象が審査に影響を与えるのも事実。ようは、「誠実さ」が大事です。

 

 

というわで、少々長くなってしまいましたが、以上が住宅ローン審査での信用情報についてでした。

 

吹き出し

なお、最初の方でも書いたのですが、無料で使える住宅ローンのサービスについて記事を書いています。

 

【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービスとは?
【無料で簡単】失敗を防ぎ、時短にもなる住宅ローンのサービスとは?
家づくりでは、住宅ローンは避けて通れない話。が、「どの銀行の条件が良い?」という点が疑問に…この記事では、無料で利用できる、2つのサービスを紹介。条件の良いロー.....

 

吹き出し

良かったら、参考にご覧ください。なお、既に借入が決まっている方は、見ない方が良いかもです。